Paris Gourmand パリのおいしい日々2

カルテル(パリ7区)Kartell Paris 7eme

18 janvier 2018

Cocktail pour voir le nouveau décor de Kartell.
カルテルの、リニューアルオープンソワレ。バスで通るたび、工事してるな〜って見てた。
d0347869_00371936.jpg

大理石模様のテーブル、軽くて座り心地のいいダイニングチェア、ランプシェード、いいな。置く場所ないけど。
プラスティックデコの可能性は尽きないね。
d0347869_00373209.jpg
d0347869_00374499.jpg
d0347869_00375883.jpg
d0347869_00381161.jpg
d0347869_00373871.jpg
d0347869_00375165.jpg

d0347869_00372632.jpg

メゾン&オブジェが始まる時期。界隈のデザイン系ショップも、いろんなところでパーティーしてる。
d0347869_00381844.jpg
http://www.kartell.com/fr/



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-01-20 00:39 | アート | Comments(0)

ジャポニズム2018、アーヴィング・ペン展&ゴーギャン展@グラン・パレ(パリ8区)Japonismes2018, Penn & Gauguin a Grand Palais Paris 8eme

17 janvier 2018

Cette annee, une très grande série “Japonismes 2018” aura lieu a Paris. Plein, plein, plein d’evennements sur le Japon a ne pas manquer.
https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/japonismes-2018
日本大使公邸にて、新年を祝して賀詞交歓会。
お着物姿の方たちもいらっしゃり、日本の新年の華やかな雰囲気を楽しませてくださる。年明けの新年会をやらなかったので、お雑煮もおせちも今年初。嬉しいな。
今年は、パリを中心に大規模な日本展”ジャポニズム2018”が開催される。50以上のイベントがある中で、去年から心待ちにしているのは、若冲。そして、初めてヨーロッパにやってくる風神雷神図屏風を目玉にした琳派展。
フランスと日本がより理解し合える、よき一年になりますように。

Les derniers jours de Penn & Gauguin a Grand Palais.

久しぶりに、太陽がしっかり顔を出す1日。
気持ちいいから、サン・トノレの日本大使公邸から、アメリカ大使公邸、英国大使公邸、そしてフランス大統領官邸を眺めながらシャン・ゼリゼを渡ってグラン・パレまで散歩。太陽が出ると、自然と顔が上に向いて、体の重心が高い所に移るよね。気持ちい♪
d0347869_23351255.jpg

もうすぐ終わっちゃうアーヴィング・ペン展とゴーギャン展、再訪。モノトーンとカラー、それぞれの魅力を今一度堪能。
d0347869_23352148.jpg
d0347869_23352645.jpg
d0347869_23354268.jpg
d0347869_23354893.jpg

d0347869_23353591.jpg
d0347869_23360686.jpg
d0347869_23360095.jpg
d0347869_23361477.jpg
d0347869_23363122.jpg
d0347869_23363726.jpg
d0347869_23362389.jpg
d0347869_23364339.jpg





[PR]



# by yukinokano2 | 2018-01-18 23:40 | アート | Comments(0)

ル・クラランス(パリ8区)Le Clarence Paris 8eme

16 janvier 2018


Diner a un restaurant que j'aime tant.

好きでたまらないレストランへ。
d0347869_01062857.jpg

Bonne annee, Christophe!
暖炉に炎がパチパチするのを眺めながら、愛するサロンで、ドント・グルレのシャンパーニュで乾杯&新年明けましておめでとう、クリストフ。ヴァカンス明けで元気いっぱいだね
d0347869_01072533.jpg


L’ambience, le decor, le service, l'art de table et la cuisine. Tout me fascine ici, comme d’habitude.
Loving you, Le Clarence....😊
大好きなダイニングとテーブル・アートを愛でながら、カキフライ&スペインハム、カヴィアの美味しさがひときわ際立つカヴィア&カキ&フォワグラ(今夜の一番!)、ダヴィッドが作るル・ポンクレットのバター、ホタテにキウイ&ルッコラ、ダヴィッドの牛&イカ&からすみ(こちらも今夜の一番!)、オマール&ほうれん草、オマール爪フライ&リドヴォ(これも今夜の一番だなぁ)、黒トリュフ&ルジェ刺身のせトースト、いつものエビ&カモ心臓、カモ&うなぎ&アーティチョーク。
相変わらずなんとも絶妙な感性で仕掛けてくる、クリストフの山海マリアージュ。山海組み合わせは多くのシェフがやるけれど、彼の小気味よさは、天下一品。
d0347869_01085737.jpg
d0347869_01091378.jpg
d0347869_01092023.jpg
d0347869_01092747.jpg
d0347869_01093677.jpg
d0347869_01094574.jpg
d0347869_01095672.jpg
d0347869_01103628.jpg
d0347869_01104673.jpg
d0347869_01105368.jpg
d0347869_01110230.jpg
d0347869_01112518.jpg
d0347869_01113554.jpg
d0347869_01114340.jpg
d0347869_01114970.jpg

ワインは、毎回のことながら”ハウスワイン”。まろやか芳醇なプランティエ00のあと、ル・クラランス・ド・オーブリオンの09と08を同時に飲み比べ。08のほうがより濃縮プルーン系、09のほうがより樽香まろやか。白も赤も、状態完璧、温度も完璧。おいしいね〜。オーブリオンも飲みたいね〜。
d0347869_01090754.jpg
d0347869_01134049.jpg
d0347869_01111115.jpg

おやつ、新作が幾つか。大好物の最後のフイタージュ菓子だけ、お砂糖が少なくなって甘さが足りず、ペケ。色も形も味も、前のほうがいい。元に戻してください。
雰囲気、内装、サーヴィス、テーブルアート、そしてクリストフの料理。全てが、いつも琴線を心地よく揺らしてくれる、相性抜群ル・クラランス。ほんっと大好き。
今年もどうぞよろしくお願いします

d0347869_01122911.jpg
http://www.le-clarence.paris



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-01-18 01:14 | | Comments(2)

デュ・パン・エ・デ・ジデ(パリ10区)Du Pain et des Idees Paris 10eme

16 janvier 2018

Heureux shopping a Du Pain et des Idees😊
久しぶりに、デュ・パン・エ・デ・ジデへ。
d0347869_19192591.jpg

季節もののガレットや大好物のニフレット、ルブロションやプルーンなんかを詰めて焼いた惣菜パンたちも気になるけど、今日は定番コンビで、パン・デ・ザミとショソン・オ・ポムを左岸に連れて帰る。
d0347869_19185174.jpg
d0347869_19191775.jpg
d0347869_19182361.jpg
d0347869_19183164.jpg

パン・デ・ザミ、相変わらずの甘くていい香り。雨がたくさん降ったあとだったからか、食感はちちょっと水分多く感じる。
クリストフ・ヴァスールの師匠だったジャン=ポール・マトンさんのパン屋さん、ガンベッタ・ア・パンでも、同じイメージのパン(もちろん名前は違う)を作っているけど、これもまた傑作。いい技術が継承されていくのは喜ばしいことだね。
d0347869_19181690.jpg
http://dupainetdesidees.com







[PR]



# by yukinokano2 | 2018-01-17 19:22 | | Comments(0)

ル・グリル・アスティエ(パリ11区)Le Grill Astier Paris 11eme

12 janvier 2018

Le Grill Astier. Le dernier ne d”Astier” est un temple des carnivores.
Langue de veau, entrecote du boeuf d’Irland. Délicieux comme des frites!
人気ビストロ”アスティエ”は、カジュアルダイニング”ジャンヌA”と、魚をテーマにした”ジャンヌB”2軒も展開しているけど、”アスティエ”、”ジャンヌA”の横に、”ル・グリル・アスティエ”をオープンさせた。
2~3年位前からパリの食シーンに存在感を放っているステーキハウスや牛肉を売りにしたレストラン。(この牛肉流行は、ユゴ・デノワイエとイヴ=マリ・ル=ブルドネックという二人の肉熟成士の人気に刺激されているはず。)グリル・アスティエも、牛肉の炭火焼が主。
d0347869_18454144.jpg

様々な牛モチーフと、ウィンドゥに飾られた牛肉が迎えてくれる店。
d0347869_18454728.jpg
d0347869_18461957.jpg
d0347869_18460639.jpg
選んだ肉は、生のままプレゼンされたのち、炭焼台へ連れて行かれ、しばしの別れ。今夜はアイルランド産牛のアントルコートを二人で。
d0347869_18462566.jpg
d0347869_18463216.jpg
肉がゆっくり焼かれるのを待つ間、サラダがサーヴィスされ、前菜の仔牛タンのカルパッチョが登場。どちらもイケる。
d0347869_18472381.jpg
d0347869_18474063.jpg
肉が焼きあがる直前に、コショウのプレゼンテーション。4種から選び、その場で挽いてくれる。コショウは挽きたてじゃないとね。
d0347869_18475021.jpg
焼かれた肉が美味しそうな香りとともに登場し、ゲリドンでカット&サーヴィス。
んまっ!ワイン&骨髄ソースとマヨネーズ系ソースも付いてくるけど、いらない。時折マダガスカルの野生コショウをパラリとやりながらで十分。
d0347869_18480577.jpg
d0347869_18481169.jpg
d0347869_18484780.jpg
付け合せは、グリルしたほっこりいろいろ野菜&自家製フリットを好きなだけ。フリットも、んまっ!カリッとホクッと、フリット大好き。
d0347869_18502986.jpg
d0347869_18495711.jpg
d0347869_18503485.jpg
おやつは、トロトロショコラ。
シンプル料理の魅力が満開。グラスワインのセレクションも、シャンパーニュ、白、赤、全て拍手。
飲み食いに勤しみながら、最初にパリに住んだ頃から今に至るまで、20年間以上にわたるパリのオペラ&バレエ&演奏会の思い出を語り明かす。駐在で初めてパリに住んだ頃は、バスティーユでオザワが振ってドミンゴが歌ったトスカを見たり、ガルニエ改装後のこけら落としでショルティが振った演奏会形式ドンジョヴァンニを聴いたり、モニク・ルディエールの引退公演に偶然遭遇したり、パトリック・デュポンを見たり、ムーティーやマゼールが振る極上のウィーンフィルを聴いたりしていた。いい時代だったね。オペラ座のチケット代は今の半額だったなぁ。
懐かしい話題にあふれた、楽しい夜。

d0347869_18511672.jpg
d0347869_18460099.jpg
https://www.facebook.com/Le-Grill-Astier-881565465326170/



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-01-14 18:53 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索