Paris Gourmand パリのおいしい日々2

ダリダ衣装展(パリ16区) Exposition de Dalida Paris 16eme

13 mai 2017

“Dalida, une garde-robe de la ville a la scene”. Extra!!!
”ダリダ 普段着から舞台衣装まで”展。場所はもちろんガリエラ宮。
d0347869_17571109.jpg

死後30年を記念して、往年の麗しの歌姫の、普段着からショーコスチュームまでを一堂に。60〜80年代に、カルヴァンやディオール、アザロなどが、完璧な顔と肢体を備えたダリダに作った、エレガントで愛らしい普段着から、まばゆいばかりの舞台衣装まで。この時代の、生地の美しさカッティングの見事さ、そしてレースやスパンコール、刺繍などのあしらい方って、本当に素敵だ。アクセサリーや靴、サングラスなんかも展示されていて、圧巻のラインナップ。
大好きなオペラ演出家ロバート・カーセンによるセノグラフィーは、ダリダのレコードジャケットをふんだんにあしらったり、ダリダのショーの映像、そしてレコードを舞台に見立てたりなど、ワクワク感たっぷりのすごくいい演出。去年は、”ルイ・ヴュイトンの旅への誘い”のセノグラフィーもやって、そっちもよかったっけ。カーセンのセンス、ほんと好き。
ダリダは名前くらいしか知らないけれど、写真で見る歌姫は本当に美しく、映像に流れる歌もなんだか素敵。ちゃんと聴いてみたいな。
再訪必至。極上の展覧会、お見逃しなく。
d0347869_17570042.jpg
d0347869_17571818.jpg
d0347869_17572589.jpg
d0347869_17565336.jpg
http://palaisgalliera.paris.fr/fr/expositions/dalida-une-garde-robe-de-la-ville-la-scene




[PR]



by yukinokano2 | 2017-05-14 17:59 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索