Paris Gourmand パリのおいしい日々2

カテゴリ:アート( 125 )




カルテル(パリ7区)Kartell Paris 7eme

18 janvier 2018

Cocktail pour voir le nouveau décor de Kartell.
カルテルの、リニューアルオープンソワレ。バスで通るたび、工事してるな〜って見てた。
d0347869_00371936.jpg

大理石模様のテーブル、軽くて座り心地のいいダイニングチェア、ランプシェード、いいな。置く場所ないけど。
プラスティックデコの可能性は尽きないね。
d0347869_00373209.jpg
d0347869_00374499.jpg
d0347869_00375883.jpg
d0347869_00381161.jpg
d0347869_00373871.jpg
d0347869_00375165.jpg

d0347869_00372632.jpg

メゾン&オブジェが始まる時期。界隈のデザイン系ショップも、いろんなところでパーティーしてる。
d0347869_00381844.jpg
http://www.kartell.com/fr/



[PR]



by yukinokano2 | 2018-01-20 00:39 | アート | Comments(0)

ジャポニズム2018、アーヴィング・ペン展&ゴーギャン展@グラン・パレ(パリ8区)Japonismes2018, Penn & Gauguin a Grand Palais Paris 8eme

17 janvier 2018

Cette annee, une très grande série “Japonismes 2018” aura lieu a Paris. Plein, plein, plein d’evennements sur le Japon a ne pas manquer.
https://www.mcjp.fr/fr/la-mcjp/japonismes-2018
日本大使公邸にて、新年を祝して賀詞交歓会。
お着物姿の方たちもいらっしゃり、日本の新年の華やかな雰囲気を楽しませてくださる。年明けの新年会をやらなかったので、お雑煮もおせちも今年初。嬉しいな。
今年は、パリを中心に大規模な日本展”ジャポニズム2018”が開催される。50以上のイベントがある中で、去年から心待ちにしているのは、若冲。そして、初めてヨーロッパにやってくる風神雷神図屏風を目玉にした琳派展。
フランスと日本がより理解し合える、よき一年になりますように。

Les derniers jours de Penn & Gauguin a Grand Palais.

久しぶりに、太陽がしっかり顔を出す1日。
気持ちいいから、サン・トノレの日本大使公邸から、アメリカ大使公邸、英国大使公邸、そしてフランス大統領官邸を眺めながらシャン・ゼリゼを渡ってグラン・パレまで散歩。太陽が出ると、自然と顔が上に向いて、体の重心が高い所に移るよね。気持ちい♪
d0347869_23351255.jpg

もうすぐ終わっちゃうアーヴィング・ペン展とゴーギャン展、再訪。モノトーンとカラー、それぞれの魅力を今一度堪能。
d0347869_23352148.jpg
d0347869_23352645.jpg
d0347869_23354268.jpg
d0347869_23354893.jpg

d0347869_23353591.jpg
d0347869_23360686.jpg
d0347869_23360095.jpg
d0347869_23361477.jpg
d0347869_23363122.jpg
d0347869_23363726.jpg
d0347869_23362389.jpg
d0347869_23364339.jpg





[PR]



by yukinokano2 | 2018-01-18 23:40 | アート | Comments(0)

シャガール美術館(ニース)Musee Chagall Nice

05 janvier 2018


Bonjour Monsieur Chagall!
Le bâtiment et le jardin&cafe me plaisent beaucoup aussi.
マティス美術館の後は、丘を下って、シャガール美術館へ。二十歳くらいの頃にここに初めてきた時から、老後はこの辺りに住みたいと思っている、とっても閑静で瀟洒な住宅街。
いつ見ても素晴らしい常設展やステンドグラス、チェンヴァロに加え、企画展もちょうどシャガールで、ひたすらマルク・シャガールを満喫。

d0347869_23034275.jpg

d0347869_23010019.jpg
d0347869_23010817.jpg


d0347869_23025374.jpg
d0347869_23024003.jpg
d0347869_23014670.jpg

d0347869_23041586.jpg
d0347869_23050510.jpg
d0347869_23045437.jpg
d0347869_23044712.jpg
d0347869_23061748.jpg
d0347869_23052686.jpg


控えめで品のよい大好きな美術館はお庭も素敵で、東屋風のカフェのテラスで、建物を眺めながらのんびりするの、大好き。

d0347869_23060349.jpg


http://musees-nationaux-alpesmaritimes.fr/chagall/





[PR]



by yukinokano2 | 2018-01-06 23:07 | アート | Comments(0)

マティス美術館(ニース)Musee Matisse Nice

05 janvier 2018


Les musees indispensable a Nice pour moi.
Bonjour Monsieur Matisse!
J’adore ce musée aussi le parc avec des oliviers.
ニースに来たら必ず行っちゃう、二つの美術館。
順序もいつも同じ。まず、マティス美術館まで行ってから、丘を下ってシャガール美術館に行く。
アンリ・マティスの美術館は、真っ青な空を背景に、オリーヴの木々が茂る公園と古代ローマ遺跡を抜けたところに建つ鮮やかな館。前は正面から入れたのに、今は、横が入り口になり、建物正面の美しさを愛でながら入館できなくなったのがちょっと残念。

d0347869_22493605.jpg


初期のセザンヌ風の作品から、画家のアイコニック的存在の女性たち、そしてヴァンスの境界のステンドグラスの習作から切り絵。ステンドグラスの向こうには、画家が暮らしたホテルレジーナ。この建物の中を見学するのは、夢の一つ。

d0347869_22505075.jpg

d0347869_22510839.jpg
d0347869_22512268.jpg
d0347869_22513603.jpg
d0347869_22514859.jpg
d0347869_22515806.jpg
d0347869_22521261.jpg

d0347869_22530074.jpg
d0347869_22531556.jpg


http://www.musee-matisse-nice.orghttp://www.musee-matisse-nice.org


http://www.musee-matisse-nice.org





[PR]



by yukinokano2 | 2018-01-06 22:55 | アート | Comments(0)

パリ国立オペラ座バレエ ドン・キショット Ballet de l'Opera de Paris Don Quichotte

19, 24, 25, 27, 30 decembre 2017

J’attaque ma serie de “Don Quichotte”.
オペラ座バレエ、今年のオペラ・バスティーユでの年末公演はドン・キショット。
d0347869_20175504.jpg
d0347869_20174879.jpg
d0347869_20174258.jpg

Premier couple, Leonore/Germain. Mignons.
リュドミラ&マチアスにアマンディーヌ&ドロテが2幕に加わった初日に興味津々だったけど、他に見たい配役が目白押しなので我慢して、レオノール&ジェルマンからスタート。
これからのオペラ座を背負って立つはずの、フレッシュエトワールコンビ。技術はところどころ素晴らしいけどミスもあり、頑張ってます!感が満載で、動きの流れが滑らかでなくなるところがあるのもちょっと、、。でも、相性いいカップルだし、愛くるしく可愛らしく元気一杯で、見ていてとても気持ちいい。この作品だから、このくらいでもいいかな。ポテンシャルはある二人、今後に期待。
久しぶりのドン・キショット。ただただ楽しい作品だけど、細かいところが上手につながっていてユーモアも多く、気に入っている。ヌレエフ作品は、白鳥、そのあとキショットとバヤデールとロメオ、そしてライモンダ、眠り、サンドリオンの順で好き。
d0347869_20184989.jpg
d0347869_20181976.jpg


Reveillon a L’Opera. Ca faisait longtemps que je n’ai pas fait.
J’ai renonce la buche de Noel pour voir un future Etoile de l’Opera. Très joyeux, bien joue, bravo Pablo! Ludmila, radieuse comme d’habittude. Je l’adore.
オペラ座バレエで過ごす、すごく久しぶりのクリスマスイヴ。金管の一部がサンタさん帽子をかぶっているのが、昔通りで笑える。
コリフェなのにもかかわらず、バジルに大抜擢されたパブロを見るのが目的。コンテンポラリーでいつもキレッキレの素晴らしい動きを見せてくれるパブロ、クラシックはもちろん初の主役、しかもいきなりヌレエフ。がんばれー。
技術、ポルテがほぼ全てグダグダでヴァリアシヨンもまだまだだけど、地位を考えると素晴らしい出来栄え。立ち姿は美しいしリズム感もよく、なにより表現力と表情がとてもいい。リュドミラの完璧すぎるリード(煽りともいう(笑))を受けて、1幕特によかった。彼、頑張ればジョジュアみたいなオツな雰囲気持ったダンサーになれるのでは?3幕は前半はいいけど後半遊びの見せ所ないから、ちょっと硬い。マゲに結った髪もいまいち。一幕の、結んだだけのままでよかったのに。ヒゲそっちゃったのももったいない。上からダメが出たそう。
未来のエトワール君の大役デビューを見られてよかったね、とバレエ仲間とにっこり。
リュドミラは、マチアスとの時はもっとよかっただろうけど今宵も文句なし。いつも惚れ惚れしてしまう脚も満喫。(オペラ座で一番きれいな脚だと思う。前にインタヴューした時、ミニスカートで撮影お願いした💕
d0347869_20184227.jpg
d0347869_20180188.jpg

Don Quichotte de Noel, Mathieu & Isabella Boylston d’ABT. Belle soiree!
フロールでカフェめしでお腹を満たしてから、今夜もオペラバスティーユ。
ユゴの怪我でひっぱりだされたマチューと、ABTからゲストで、イザベラ・ボイルストン。
2004年、二十歳のとき、この作品で飛び級でドラマティックにエトワールに任命されたマチュー。アニエス相手に初々しくたどたどしく踊っていたあのころが懐かしいね。バジルを踊らない日は、ジタンやマタドールも踊ってた。ジタンの踊る姿を見て、彼の首の類稀な美しさに気づいたっけ。
今や最ベテランエトワールのマチュー、さすがに安定感ある王道のバジル。もうこの手の役を踊る機会は少なくなるでしょう、、。 マチアス同様、ヒゲで登場。ヴァリアシヨンは気持ち手を抜いていたり、珍しくちょっと滑るシーンなんかもあったけど、これがオペラ座ダンサーの見本です、みたいな、細部が実に美しい踊り。あらゆるポルテも完璧。
ボイルストン、確かにうまいけど、これならリュドミラ、往年のレティシアやアニエスやマリアニエスの方が技術上だと思う。下半身はさすがだと思うけど、上半身の胸、肩、とりわけ腕から手首、指先にかけてのエレガンスが、オペラ座ダンサーたちに比べるとちょっと弱いかな。
なにはともあれよきソワレ。初めてオペラ座バレエを見る、今夜の連れ。一人は大喜び、一人はちょっと寝てた(笑)。
d0347869_20215337.jpg


Don Quichotte. Dorothee; extraordinaire, étonnante, rayonnante, braaaava! Je n’ai jamais vu un tel equilibre dans ma vie. Paul; mignon, élégant, raffine. Cette, tequeniquement, il n’est pas encore Etoile mais il sera a l'hauteur dans quelques années. En plus quels grâce et élégance! Ses bras et les mains sont sublimes comme celles de Dorothee. Soirée très réussie
今夜は、ドロテ&ポールで、この間のリュドミラ&パブロ同様、ベテランエトワールが未来のエトワールの大役デビューを盛り上げる配役。こういう配役、好き。
ドロテ、すっご、、。オペラ座を代表するエトワールは私!みたいな、完璧な踊り。1幕はちょっと力抜いてたけどそれでも抜群。極め付けは3幕のアダージョ。あんな長時間のエキリブレ、多分人生初めてじゃないかな。あまりに凄くて、涙が出た。全体を通して多少の演技過多はあるけど、癖だしこの役なら問題なし。彼女独特の、タメ感ある絶妙なリズム感覚や惚れ惚れする腕から指先の動きも見事。
舞台を自身の輝きで覆い尽くしちゃうドロテの横では、ポールはどうしても分が悪い。パブロみたいなキラリと光る自然な存在感はないし、演技もどうしても固い。リュドミラがバブロにしたほどのきめ細かいフォローを、ドロテからもらえなかった。とはいえ、彼の大きな魅力である素敵にエレガントな雰囲気と、柔らかく美しい技術力、そしてドロテ同様、腕から指先の素晴らしさにブラヴォ!ポールの腕と手のまろやかな動き、大好き。
最後のコーダを終えて、やった~!踊りきったよ~!みたいな、素の笑顔がなんともチャーミングでキュンとくる。入団1年目の昇進試験の時から、将来のエトワールと見込まれているポール。スジェのレベルとしては文句なしだし、今後が本当に楽しみ。
今宵は、産まれた時からキュピドンみたいな愛らしさ200%のミリアムがキュピドン、この間ちょっとダメだったイタリアンフエッテもきれいに決まり得意の高さのあるグランドジュテも美しいセウンがドリアードの女王。ドロテを含め、3人揃って雰囲気も技術も完璧で、2幕最後の正しいあり方を見せてくれる。
長年のバレエ親友と、今までに見てきた何十回ものドン・キショットを懐かしく振り返りながらの、楽しい夜。
Mon dernier Don Quichotte. Myriam & Mathias. Couple parfait, fantastique! J’adore vraiment Myriam💕
Cette série de Quichotte m’a donne beaucoup de plaisir, beaucoup mieux qu'il y a 5 ans.
ドン・キショット見納め。これが今年最後のオペラ座バエレ。
真打登場!という感じで、ミリアム&マチアスの初日。相性いいカップルだけど、ちょっぴり練習不足かな。たまに息が合わない部分も。でもそんなのどうでもいい。100%の力じゃなくても十分以上に素晴らしいマチアス、そして技術はドロテやリュドミラにはおよばないものの、最高にチャーミングなミリアム。2幕後半、なにもかもがほんっとにきれいでただただ見とれる。ミリアムラヴの親友と、ミリアム愛を語りつくす。
数年前のストレス溜まりまくりのキショット公演に比べ、今シリーズは本当に質がよかった。リュドミラ&マチアスという完璧コンビは見られなかったものの、可愛らしくソツないレオノール&ジェルマンの優等生チームから始まり、リュドミラが弾けパブロの演技が輝いた見ごたえたっぷりコンビ、なぜ招待されのか謎なABTダンサーにひたすら尽くしつつ自らも極上のバジルを踊ってくれた眩しいほど美しいマチュー、一生脳裏から消えないだろう技術を見せてくれたドロテ&初々しさ満載のポール、そして最後は今のオペラ座最高のカップルであるミリアム&マチアス。見た順番も完璧。
この2週間、頭の中はずーっとミンクスの音楽が鳴り響いてた。夜毎感動と興奮をくれた大満足のキショットシリーズに、ブラヴォ!
d0347869_20220588.jpg
d0347869_20214525.jpg



[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-31 20:26 | アート | Comments(2)

プランス・ド・ガールのノエル(パリ8区)Noel a Prince de Galles Paris 8eme

20 decembre 2017

Noel a Prince de Galles.
Ma première fève 2018. Merci Nicolas!
プランス・ド・ガールのノエル。夜、パティオのツリーがきれいでしょうね。
d0347869_22393068.jpg

d0347869_22391400.jpg
d0347869_22392311.jpg
d0347869_22393713.jpg
d0347869_22394441.jpg
ちょうどガレットデロワ用のフェーヴが届いてて、一個もらった。ビュッシュドノエルと同じ、ヴァニラの束のフォルム。かわいいね♪
d0347869_22400746.jpg
d0347869_22395121.jpg
d0347869_22403488.jpg


[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-21 22:41 | アート | Comments(0)

ロンドン・シンフォニー・オーケストラ&サー・サイモン・ラトル London Symphony Orchestra & Sir Simon Rattle

18 decembre 2017


Mon dernier concert d’orchestre de cette année.

Sir Simon Rattle & London Symphony. Annulation au denier moment de mon idole, Krystian Zimerman m’a decue mais Kirill Gerstein a joue bien. Belle soiree, quand-meme.

今年最後の演奏会は、10月に続き、サー・サイモン・ラトル&ロンドン・シンフォニー・オーケストラの新婚コンビ。

音響完璧のフィルハーモニードパリ。遠くてほんっとイヤだけど、音が素晴らしいので許してしまう。ピアニッシモの響き方とか、ため息もの。同時に、咳の音や腕時計の音も耳にガンガン入って来ちゃうけど。


ノエル前の華やかシーズンに、悲劇、喪失、悲しみ、死、そして不安をテーマにした3曲のプログラム。ラトルの意向?それとも、ソリストのツィメルマンが好きな曲をまず決めて、じゃあ同じイメージで組もうか、ってなったのかしら?気になる~。


d0347869_22514301.jpg
d0347869_22520644.jpg

まずは、シュトラウスのメタモルフォーゼン。第二次世界大戦末期のドイツにとどまったシュトラウスが見た悲劇。この作曲家では珍しい悲しげな曲。23人の弦楽器が鳴らす音は、んー普通。悪くないけど、一人一人のレベルが、コンセルトヘボウ、ベルリンフィル、ウィーンフィルみたいな超トップオケに比べるとやっぱり少しだけ落ちる。今夜は、オケ真横席。ラトルのとても饒舌な表情や手の動かし方がよく見えるのだけど、この表情通りに弦が鳴れば、素晴らしい響きになんるだろうになぁ、という感じ。ラトルが、もっと!もっともっと!という感じで一生懸命一人一人をドライブしているのがとても面白い。ある意味、ラトル自身が一番音を鳴らしていい表現してた(笑)。

続いて、トリスタンとイゾルデからプレリュード&イゾルデの死。世界で一番甘美で官能的な音楽を、両方一気に💕 このスタイル、いい。オペラだとこの2曲の間の4時間を耐えなくちゃいけないし(笑)。演奏も文句なし。とびっきりのオーボエ、素晴らしいクラ、そしてなかなかのホルンやトランペットの菅群、圧巻の打楽器群が一体となって盛り上げ、それに引きずられるように弦が輝く。この壮大な愛と死の物語を語るラトルの解釈も、さすがは大指揮者。冒頭の一音から最後の一音まで、ただただ感動的に美しい17分。

そして後半は、バーンスタインのシンフォニー2番”不安の時代”。ソリストはピアノ界の大スター、クリスチャン・ツィメルマン!!

のはずだったのに、まさかの当日キャンセル、、。どうしたスター?パリで風邪ひいた?ドレスデンで聴いて以来の3年ぶりの大ピアニストの演奏をそれはそれはそれはそれは楽しみにしていて、予習も、彼が若いころの、バーンスタイン自ら振ったこのオケの映像でしていたのに😢

急な代役はキリル・ゲルシュタイン。だれ?

iPadの楽譜を前に演奏するゲルシュタイン。前半はふ~ん。上手だけどまろやかで無難な感じ。激情的なのに根底はあくまでも醒めていて理性を失わないツィメルマンが恋しい。でも後半、バーンススタインらしいジャズっぽい部分は素晴らしい!この人、軽妙で素早い音の方が魅力的だ。抜群に上手なパーカッションチームとのセッション部分、思わず身を乗り出してしまう。

終わってみれば、いい演奏会。なかなかパリで弾いてくれないツィメルマンを聴けなかったのは本当に残念だったけど、ラトルのいいお顔と、ゲルシュタインとの初めまして、そして代役が成功した時ならではのラトルとゲルシュタインとの熱い抱擁や会場の喝采を楽しめた、素敵な夜。

来年もいい演奏会に(&ツィメルマンのピアノに)たくさん出会えますように。

d0347869_22515801.jpg




[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-19 22:55 | アート | Comments(0)

オペラ座学校デモンストレーション公演 Ecole de l'Opera de Paris, demonstrations

16 decembre 2017

Ecole de danse de Ballet de l’Opera de Paris, demonstrations.
Matinée et après-midi, j’ai bien apprécié toutes les classes de cette sublime école de danse qui fete le 40eme anniversaire de ce magnifique spectacle de démonstration.
パリ国立オペラ座バレエ学校、年末恒例のデモンストレーション公演。
今年は、デモンストレーションが始まって40年目で、それまでガルニエ宮の中にあった学校が郊外ナンテールに移って30年目という記念イヤー。
d0347869_02452648.jpg
d0347869_02455802.jpg

Les “petits rats” sont mimis mais ce qui m’a fait ému le plus était revoir Yann que j’adorais (comme Kader) sur la scène. J’espere vivement qu’il transmet ses talents extraordinaires aux élèves pour que l’on puisse avoir de bons et uniques danseurs comme lui dans quelques annee a l’Opera.
10年以上ぶりに見る学校デモンストレーション公演。ガルニエは、いつもと違って、ちびっこ観客がたーくさん。みんなおしゃれしていて、いかにもバレエやってます、って感じで、かわいい。
午前中は、6学年あるうちのちっちゃい3学年が中心で、午後は来年オペラ座ダンサーになれるかもしれない最終学年生を含めたおっきい3学年が中心のプログラム。バーレッスンからアダージョ、キャラクターダンスまで、普段のクラスの様子を、それぞれの先生とピアニスト付きで披露してくれる。
プチ・ラ(チビねずみ)と呼ばれる生徒達のかわいらしさや素晴らしさもいいけど、個人的に何が心打たれたかって、先生達。
プラテル校長をはじめ、かつて舞台で何度も見てきたダンサーたちが何人も学校の先生になっていて、ひたすらバレエを見続けていたあの頃がなんとも懐かしい。それにしても、いつも思うけど、引退したダンサーは一気に老け込むなぁ。
カデール・ベラルビと同じくらい熱愛していて、一昨年引退して4年生男の子クラスの先生になったヤン・サイズの姿に涙。引退後初めて舞台で見る、最高に好きだったダンサーは、少々ふっくらしたものの、相変わらずたまらない表情と面白さ。このクラス、申し訳ないけど生徒たちほとんど目に入らず、ひたすらヤンにオペラグラスを向ける。面白さというか演技の上手さと舞台上での存在感にかけて右に出るものがなかったヤン、その魅力をたっぷり生徒たちに伝えて、数年後、新たなヤンをオペラ座に送り出して欲しい。彼みたいなダンサー、今のオペラ座にはいない、、。
カーテンコール、プラテル校長の横に立つヤンの姿。昔々、この二人が一緒にこの舞台にたった極上の時間を懐かしく思い出す。
d0347869_02453259.jpg
d0347869_02453707.jpg
d0347869_02454347.jpg







[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-18 02:47 | アート | Comments(1)

シンギン・イン・ザ・レイン〜雨に唄えば@グラン・パレ(パリ8区)Singin' in the Rain a Grand Palais Paris 8eme

13 décembre 2017

Singin’ in the Rain a Grand Palais sous la plait.
Champagne en magnum & spectacle. Très agréable soirée.
雨降る夜に、”雨に唄えば”。
d0347869_20020184.jpg

ジーン・ケリーの歌とダンスで有名な、ミュージカル映画の傑作。2年前にシャトレ座で新プロダクションとして上演され大喝采。この冬の再演は、シャトレが工事中なのでグラン・パレ♪ 
建物自体が素敵な上、舞台&客席以外の空間に、舞台セットをつかったフォトコールやタップダンス講習、ミュージカル映画上映やハリウッドの映画撮影所をイメージした様々なセットが置かれ、広い空間を惜しみなく生かしたザッツ・エンターテイメント!
d0347869_20021829.jpg
d0347869_20020809.jpg

d0347869_20023620.jpg
d0347869_20024405.jpg
d0347869_20022531.jpg
d0347869_20032780.jpg

ロバート・カーセンの演出が、さえっさえ。この人の洒落てバランスのよい演出、オペラでも展覧会でもだーいすき。昔、シャトレでカンディードをやった時にインタヴューさせてもらったのが懐かしいな。
アンソニー・パウエルの衣装も見事で、舞台セットもオーケストラもなかなか。歌って踊って演じる役者たち、ミュージカルは大変ね。
ドン役のダン・バートンを筆頭にみんないい感じ。タップダンス群舞、拍手喝采。
ラストはちょっと尻つぼみな感じだけど、レヴェランスに続くカーテンコールで大いに盛り上がって、楽しく終了。
オペラもバレエも演奏会も興味ないお友達、こういうスペクタルは好きなんだそう。魅力の違いはなんなのかしらね。
公演自体はもちろん周りの遊びも楽しいスペクタクル。うっとおしい冬の夜の気晴らしにとってもお勧め。
毎日雨ばかり。明日から、長い傘持って、雨に唄えばを歌いながら街を歩こう♪
d0347869_20033450.jpg
d0347869_20035013.jpg
d0347869_20034439.jpg
こちらから、雰囲気たっぷり見られます。

[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-15 20:08 | アート | Comments(0)

ル・ブリストルのノエル(パリ8区)Noel au Bristol Paris

12 decembre 2017

Noel au Bristol.
Depuis que Laurent nous a quitte, je ne pouvais pas y venir jusqu’a ce soir-la. L’absence de Laurent était trop triste…
Beaucoup de pensées a mon très très cher pâtissier que j’aimais tant depuis 17ans.
ル・ブリストルのノエル。
クリスマステーブル、広いテラスに作られたツリーの森、、、。
ローラン・ジャナンが亡くなった夏以来、辛すぎてこのホテルにずっと来られなかった。17年間、たくさんの素敵な思い出をくれたローランを想いながら、ホテルを歩く。
d0347869_19224152.jpg
d0347869_19225213.jpg
d0347869_19220718.jpg
d0347869_19214314.jpg
d0347869_19220066.jpg

Midnight cat.
Ca faisait longtemps, mon chéri
Fa-raon💕
帰りがけ、久しぶりのファラオン。たっぷりたっぷりたっぷりぎゅー。
真夜中過ぎのねこさんは、瞳がきれい。
d0347869_19222107.jpg
d0347869_19221584.jpg
d0347869_19222611.jpg



[PR]



by yukinokano2 | 2017-12-14 19:25 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索