Paris Gourmand パリのおいしい日々2

カテゴリ:アート( 94 )




ロンドン・シンフォニー・オーケストラ&サイモン・ラトルのストラヴィンスキーバレエ曲特集 パリ

22 septembre 2017

Pendant que des gourmands fêtent la gastronomie, des melomanes fêtent Stravinsky!
London Symphonie Orchestre & Sir Simon Rattle, L’Oiseau de feu, Petrouchka, Le Sacre de printemps. Braaaaaavo!
この週末は、フェット・ド・ラ・ガストロノミーで食いしん坊たちが食を祝っているけれど、音楽愛好家たちにとってはストラヴィンスキーを祝す週末で、フィルハーモニー・ド・パリでは3日間にわたり、ストラヴィンスキーづくし♪

オープニングは、ロンドン・シンフォニー・オーケストラ&ベルリン・フィルから離れてこのオケのトップになるサー・サイモン・ラトルによる、火の鳥、ペトルーシュカ、春の祭典のストラヴィンスキー3大バレエという、めったにないゴージャスプログラム😆 どれもバレエで散々聴いている曲で大好き。
なのに、生まれて初めての演奏会遅刻をした。。。
d0347869_08010550.jpg

普段は20時半開演のフィルハーモニー・ド・パリの演奏会。当然夕べもそうだと思って20時10分くらいに余裕で会場前に着くと、辺りはシン。ものすごい嫌な予感を抱えながらチケットを見返すと、まさかの19時開演。ひどいよ、20時半以外の演奏会なんて、いままでなかったじゃない
😢中に入ると、火の鳥後のアントラクトの終わりかけ。一番楽しみにしていた曲が聴けずがっくりだけど、30分ギリギリについていたらペトルーシュカも聴き逃したかと思うと、よしとしなくては。

気を取り直してペトルーシュカ。ラトルらしいメリハリある表現は、ストラヴィンスキーにぴったり。躍動感があって、音楽があの楽しくも切ないストーリーを完璧に語っている。パリオペラ座管の音が頭に染み入っているだけに、ペトルーシュカの素晴らしさを再発見するばかり。
祭典も文句なし。エリートっぽいといえばエリートっぽい仕上がりだけど、この難しい曲を、一瞬も聴き手の意識をそらすことなく、ぐいぐい食い込んでくる。横の席のおじさまは、”もし僕が寝ちゃっていびきかいたら、つねってね”と言っていたけど、いびきをかくどころか身を乗り出して聴き惚れていた。ホルンが8人もいる、超大編成。ホルン、たまに揃ってベルを上げる箇所があり、かっこいい~。でも一人だけあまり上げない人がいるのも、なんか楽しい。
d0347869_08012159.jpg

個人技術はもちろん、この間聴いたベルリン・フィルの面々と比べちゃうと劣るけど、さすがにいいオケ。なにより、サー・サイモンがとても嬉しそうにタクトを振っているのが微笑ましい。
トランペットが強音も弱音もそれはそれは見事で、打楽器群とともに今夜一番の拍手。フルートも拍手喝さいだったけど、ヒューッと抜けるような甲高い音はあまり好きでなく、個人的には今夜唯一しっくりこなかった楽器。弦は饒舌でドラマティック。極上音響のホールに、高らかと音を響かせている。表現力豊かな、演劇の国らしいオケだなぁ。
あぁ、つくづく、火の鳥がもったいなかった。すごかったのでしょうね。大興奮だったにちがいないあの時間に、のんきにセーヌを眺めながらおしゃべりしていたとは、われながら情けない、、。

大喝采の中、ステージを埋め尽くす大量の楽団員の間を抜いながら、コントラに挨拶、クラをねぎらい、打楽器に拍手を送り、金管を絶賛するサー・サイモン。このオケの新たな黄金時代が、これからこの偉大な指揮者と始まるのでしょうね。このコンビで次は12月、大好きなツィメルマンをソリストに、パリに来てくれる。今度は絶対遅刻しません!
d0347869_08013624.jpg






[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-24 08:07 | アート | Comments(0)

ラ・カーズ・ド・クザン・ポール(パリ18区)La Case de Cousin Paul Paris 18eme

14 septembre 2017

La case de cousin paul. J’aime beaucoup ce monde de lumière.
ラ・カーズ・ド・クザン・ポールの新作発表会。ここのコットンボールのガーランド、好き。
d0347869_23271846.jpg

ガーランドの新色ボールを求めてきたけど、ランプシェードもかわいいな。キッチンのランプシェードを探しているところだったので、ここのにしよう♪ クーポール型で、色はどうしようかなー。
子供部屋用のミニサイズ&スリープ機能つきのもとてもかわいいし、外用のもチャーミング。全部欲しくなっちゃう。
d0347869_23271135.jpg
d0347869_23272980.jpg
d0347869_23273679.jpg
http://www.lacasedecousinpaul.com/fr




[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-19 17:44 | アート | Comments(0)

セザンヌの肖像画展@オルセー美術館(パリ7区)Portraits de Cezanne au Musee d'Orsay Paris7eme

12 septembre 2017

Bonjour Monsieur Cezanne! Je vous admire beaucoup.
仕事帰り、オルセーで開催中の”セザンヌのポートレート展”に寄り道。火曜日で他の美術館全部休みのため、オルセー前、大行列。
d0347869_19575558.jpg
d0347869_19562220.jpg
d0347869_19562953.jpg

”ポーズをとるのは、動くためじゃないよ。リンゴのようでいてくれ。リンゴが動くかい?” そんなこという画家の前でひたすらポーズをとり続けたオルタンス夫人に、改めて同情を覚える(笑)。
d0347869_19561437.jpg
d0347869_19563925.jpg
d0347869_19564660.jpg
d0347869_19563469.jpg
d0347869_19565881.jpg
この手のポートレートももちろん素晴らしいけれど、セザンヌの真髄はやっぱり、リンゴとヴィクトワール山かな、って思う。ので、展覧会後、印象派ルームで静物と山にもこんにちは。
もちろん、吉岡徳仁の椅子にもこんにちはして、その、無機質なのに有機体のような質感を楽しみながら一休み。
d0347869_19574589.jpg
d0347869_19573982.jpg
d0347869_19571658.jpg
d0347869_19572859.jpg
d0347869_19571203.jpg




[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-13 20:02 | アート | Comments(2)

シャンティー アール&エレガンス リシャール・ミル2017 Chantilly Arts & Elegance Richard Mille

09-10 septembre 2017

Bons souvenirs de Chantilly Arts & Elegance Richard Mille. Comme chaques années, ça fait rêver…
シャンティー アール&エレガンス リシャール・ミル2017。
今年も、シャンティー城&庭園を会場に、エレガンスの粋。車、馬、時計の最高峰を、スペクタクル感満載で満喫。
d0347869_01245782.jpg
d0347869_01251165.jpg
d0347869_01252053.jpg
d0347869_01265617.jpg
d0347869_01270451.jpg
d0347869_01271315.jpg
d0347869_01272044.jpg

d0347869_01272974.jpg
d0347869_01273982.jpg
d0347869_01274711.jpg
d0347869_01275628.jpg

d0347869_01280594.jpg
d0347869_01290286.jpg
d0347869_01290797.jpg
d0347869_01252845.jpg
d0347869_01253714.jpg
d0347869_01254427.jpg
d0347869_01294652.jpg
d0347869_01300901.jpg
d0347869_01295946.jpg


[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-12 01:32 | アート | Comments(0)

ショーメ&アスティエ・ド・ヴィラット(パリ1区) Chaumet & Astier de Vilatte Paris

07 septembre 2017


Chaumet Lien Seduction, présentation. Je le veux, vraiment le je veux.
美しき発表会、二つ。💕
ショーメ、リアン・セデュクションのプレゼンテーション@本店上階の美しきサロン。
先月原稿書きながら、欲しい〜絶対欲しい〜と思ったペンダント。つけてみたら、もっともっと欲しくなった。
真剣に悩み中
d0347869_17072447.jpg
d0347869_17071557.jpg
d0347869_17075084.jpg


Astier de Vilatte X Lou Doillon.
Livre de Drawings ainsi 17varietes de tasse.
続いて、アスティエ・ド・ヴィラットの新作発表会@ショールーム。
ルー・ドワイヤンとのコラボで、17種のマグカップとドローイングブックが誕生。
ルー・ドワイヤンの絵の才能に驚き。ずっと前から描いていたのだそう。デッサンのモデルは自分自身。なので、右手や顔のデッサンはなし。
ここの食器やセンスに囲まれた生活がしたい、としみじみ思う。
d0347869_17083766.jpg



d0347869_17081261.jpg
d0347869_17081717.jpg

d0347869_17090218.jpg
d0347869_17090899.jpg
d0347869_17091686.jpg
d0347869_17092129.jpg
d0347869_17085610.jpg


d0347869_17080757.jpg




[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-08 17:18 | アート | Comments(0)

ベルリンフィル&サー・サイモン・ラトル ショスタコーヴィッチ(パリ) Berliner Philiharmoniker & Sir Simon Rattle Paris

02 septembre 2017

Le premier concert de la saison 2017-2018. Berliner Philharmoniker & Sir Simon Rattle & Chostakovich Symphonie 1 & 15.

Parfaitement parfait. Quelle suave soiree! Ca commence bien, cette saison musicale😊

2017−2018音楽シーズンの幕開けは、多分人生最後になるだろう、ベルリナー・フィルハーモニーカー&サイモン・ラトル。スタートから極上カップル。

d0347869_21140572.jpg

世界最高(なのでしょうね、一般的には)のオケと主席指揮者のカップリングを聴くのは、10年ぶりくらいかな。エクスの音楽祭で観た、神々の黄昏。低音弦の圧倒的な咆哮にゾクゾクしたっけ。

久しぶりにお顔を見るサー・サイモン、すっかり老けて巨匠的なオーラを出し始めている。ベルリン生活、やっぱり疲れちゃったのかな。人間、最後は故郷に帰りたくなるものなのかしら。

ショスタコーヴィッチの最初と最後のシンフォニーという、魅力的なプログラム。せっかくのベルリンフィル、オケ&各セクションのソリストの威力を満喫できるプログラムで嬉しい。しかもフィルハーモニー・ド・パリの抜けるようなキラッキラ音響はこういうオケと曲にぴったり。一番の2楽章とか15番の4楽章とか圧巻で、興奮の極み。

d0347869_21141798.jpg

超A級オケは、やっぱりすごい。隙がない、ミスがない、傷がない。スーパースターたちの夢の共演、という言葉がほんと、お似合い。ラトルの音楽は、大きいところは存分に歌わせ、弱いところは限りなく繊細に、と、光と影をくっきり際立たせている。このオケ&この選曲にしっくりくる。


一糸乱れぬ弦のゴージャスさというか量感というか重みは、相変わらず見事。低音、地の中から湧き上がるようなゾクゾク感も健在。

樫本さんの横で今夜のコンマスを務めるダニエル・スタブラヴァのとびきり繊細でまろやかなソロにうっとり。このおじーちゃん、なんとカラヤン時代からコンマスなのだそう。来シーズンもいるなら、ベルリンフィルの4人もの主席指揮者の時代を生きる事になるのねー。引退後、回想録書いてほしい。


弦もとびきりだし、菅も打も全て完璧だけど、今夜一番の感動はなんといっても、クラリネット首席のアンドレアス・オッテンザマーと、セロ第一首席のブルノー・ドゥルプレール。

前者にとろけ、後者にうっとり。しかもどちらも若くていい男。あとで調べたら、オッテンザマーは父親&兄もウィーンフィルのクラのトップというクラリネットエリート一家の次男坊、2011年21歳で首席として入団。ドゥルプレールは、2013年に24歳でこちらも首席の入団ですって。

ラトルは英国人、スタブラヴァはポーランド人、オッテンザマーはオーストリア人、ドゥルプレールはフランス人、そしてこちらも老けたとはいえいまだ黄金の音色を奏でるフルート首席のエマニュエル・パユはスイス人。様々な血(文化)が混じるからこそ生まれる、古代ローマ最盛期のような魅力だ。

19歳にして類稀なシンフォニーを書いたショスタコーヴィッチも、20世紀の大作曲家のシンフォニーに独特の魅力を与えたラトルも、曲に華やかで躍動感あふれる命を与えたベルリンフィルも、みんなすごい、すごすぎる。


次にラトルを聴くのは、ロンドンシンフォニー(楽しみ~)。次にベルリンフィルを聴くのは、ペトレンコ(いつになることやら。早く早く~💕 ベルリンフィルとじゃなくてもいいから、早くまたパリに来てください💕)。団員に続き指揮者もぐっと若返らせるベルリンフィル。曲解を恐れずごく単純に言えば、ラトルは理性の人、ペトレンコは感情の人。ラトルにはワクワク興奮して、ペトレンコには感動して涙する。感情を直接わしずかみにされるようなキリル・ペトレンコの笑顔と指揮で、ベルリンフィルがどんな音を奏でるのか、早く聴きたくてたまらない。

d0347869_21142694.jpg


d0347869_21141132.jpg




[PR]



by yukinokano2 | 2017-09-03 21:18 | アート | Comments(0)

ザ・レッド・ガーデン@マンダラン・オリエンタル・パリ(パリ1区)The Red Garden a Mandarin Oriental Paris

17 juillet 2017

The Red Garden signe par Christophe Gautrand & cocktails base de Tanqueray.
Dans une ambiance a la fois naturelle et designe, avec de bons cocktails éphémères, très bonne l’heure d’appétit. Jusqu’au 16 septembre.
ランドスケープデザイナーのクリストフ・ゴトランが、マンダラン・オリエンタル・パリのテラスバーをデザイン。木や紐を多用したナチュラル&デザインなテラスで、小鳥たちを愛でながら、タンカレージンをベースにしたスペシャルカクテルでのんびりアペリティフタイム。
d0347869_18343408.jpg
d0347869_18334873.jpg
d0347869_18340260.jpg
d0347869_18344746.jpg
d0347869_18341402.jpg
d0347869_18342354.jpg
d0347869_18351565.jpg

昼間はアチアチだったけど、この時間は風が涼やかで心地いい。夏のテラスはいいなぁ。
ゴトランのデザイン&スペシャルジンカクテルは、9月16日まで楽しめる。
d0347869_18350385.jpg
http://www.mandarinoriental.com/paris/



[PR]



by yukinokano2 | 2017-07-19 18:37 | アート | Comments(0)

オペラ座バレエ ドラミング・ライヴ(パリ)Opera de Paris Drumming Live

11 juillet 2017

Le dernier ballet de ma saison a Opera de Paris.
パリ国立オペラ座バレエ、今シーズンラストは、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルのドラミング・ライヴ、オペラバスティーユにて。
チケットが売れていなくて&ケースマイケルが得意でないので&興味なし配役で、全然期待せずに行ったら、思ったよりずっとよかった。
d0347869_00102057.jpg
d0347869_00101246.jpg

Drumming Live de Anne Teresa de Keesmarker. Pas mal. La meilleure pièce d’elle pour moi.A la saison prochaine, Opera de Paris!
舞台上で繰り広げられる、様々なパーカッションが打ち鳴らす、スティーヴ・ライヒのミニマリズム音楽。メロディというものがほぼほぼないシンプルな秩序の中に、なぜか無秩序がそこここに顔をのぞかせる。そしてダンスは、まるで無秩序に見えるのに、くっきりとした秩序が存在している。音楽とダンスの、秩序と無秩序の交わりが、なんとも面白い。
ずっと同じ、なのに、微妙に少しずつ変化が続いていて、60分間飽きずに興味深い。
これが並みの振付家だとあくびがでちゃうでしょうね。さすが、コンテンポラリーダンスの巨匠と言われる一人。今まで見たケースマイケルの中では、一番好きだな。
ドリス・ヴァン・ノッテンによる衣装は、生地の質感がきれい。ケースマイケル&ヴァン・ノッテン&ライヒの組み合わせは、コンテンポラリーダンスの一つの黄金律ね。
オペラ座バレエ、今シーズンもありがとう。9月にまたね。
d0347869_00102828.jpg
d0347869_00095639.jpg
d0347869_00115189.jpg
d0347869_00105057.jpg








[PR]



by yukinokano2 | 2017-07-15 00:14 | アート | Comments(0)

ショーメ新作発表会&縁日博物館(パリ1区&12区)Chaumet une fete @ Musee des arts Forains Paris 1er&12eme



Très chouette soirée de Chaumet avec la exquise nouvelle collection de haute joaillerie “Chaumet est une fete”, au Musee des Arts Forains.
ショーメの新ハイジュエリー”ショーメはお祭り”を祝して、シークレット・パーティ。
d0347869_23311846.jpg
d0347869_23243253.jpg
d0347869_23310704.jpg

ヴァンドーム広場のショーメ本店に集合し、シャンパーニュ片手にレトロなバスに揺られて連れて行かれた先は、パリ街はずれにある、縁日博物館。
d0347869_23263683.jpg


On s’est bien amuses aux jeux et a beaucoup gagne😊
古きよき時代の夏祭りに出ていたような、レトロなマネージュ(メリーゴーラウンド)、自転車を必死にこいで回すマネージュ、射的、ボールゲーム、などなどなどなどがぎっしり詰まった、チャーミングな博物館。
この素敵な場所で、今夜は新コレクション発表会&縁日遊び。
d0347869_23270743.jpg
d0347869_23273070.jpg

ポップコーン片手にカフェギャルソン走り競争に夢中になり、綿あめ頬張りながらブランコに乗り、緑豊かなお庭で涼み、りんご飴舐めながらショーメの新作ハイジュエリーコレクションを眺める、楽しく美しい宵。
d0347869_23275483.jpg
d0347869_23281008.jpg
d0347869_23281921.jpg
どのゲームも遊戯も面白くて、友達みんなで夢中。大笑いしながら、はまりまくり。私は、ギャルソンレースと射的しか勝てなかったけど、仲よしは4つの遊戯に勝って、景品全部くれた♪ 戦利品は、スノーボール、コンパクト、オルゴール、マネージュ模型、くまちゃん、ドミノ。
d0347869_23283683.jpg
d0347869_23290074.jpg
d0347869_23292565.jpg
d0347869_23333725.jpg

d0347869_23303527.jpg
d0347869_23321711.jpg
d0347869_23325032.jpg
d0347869_23330331.jpg
d0347869_23344169.jpg
d0347869_23341662.jpg
Belle et amusante. Tres belle soirée. Merci Chaumet
子供の頃、日本の縁日で、水風船釣ったり、スーパーボールすくいをしたり、綿あめ食べたり、あんず飴頬張って楽しく過ごしたのを思い出すなぁ。
童心にかえる楽しさとシックな雰囲気を上手に融合させた素敵なソワレ。ショーメ、メルシー!新コレクション”ショーメは祝祭”はあらためて、本店でじっくり見させてもらおう。
ハイジュエリーは美しく、縁日は楽しく。ショーメ、感謝


d0347869_23351306.jpg
d0347869_23345346.jpg
d0347869_23352528.jpg
https://www.chaumet.com
http://arts-forains.com





[PR]



by yukinokano2 | 2017-07-04 23:44 | アート | Comments(0)

オーギュスト・ロダン展(パリ8区)Expo Augustin Rodin a Grand Palais Paris 8eme

28 juin 2017

Apres un travail et avant une soirée, petite visite pour saluer a Monsieur Rodin, qui nous a quitte il y a 100ans.
仕事とソワレの隙間時間、グラン・パレで開催中のロダン没後100年展へふらり。
d0347869_21352409.jpg

ロダンの彫刻&デッサンと、近代彫刻の巨匠の影響を受けた、ジャコメッティ、ピカソ、マティス、デ・クーニングなどの作品も。
d0347869_21343012.jpg

d0347869_21345795.jpg
d0347869_21350789.jpg
d0347869_21343978.jpg
d0347869_21351216.jpg
う〜ん、彫刻はよく分からない。
d0347869_21340838.jpg




[PR]



by yukinokano2 | 2017-06-30 21:36 | アート | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索