Paris Gourmand パリのおいしい日々2

<   2016年 12月 ( 37 )   > この月の画像一覧




マンダラン・オリエンタルの中華風しゃぶしゃぶ(パリ1区)Fondue chinoise a Mandarin Oriental Paris 1er

29 decembre 2016


Dans la très belle cour de Mandarin Oriental, soiree fondue chinoise.

マンダラン・オリエンタルのクリスマスデコは、魔法の世界のような森。


Certes, il fait froid (-1 degree) mais très bonne ambience enchantée.

Jusqu’au mi mars.

テラスに作られた輝く森やシカさんたちに囲まれて、シックな中華風しゃぶしゃぶ。

魚、甲殻類、肉類、エビラヴィオリ、そして野菜。麺はお蕎麦と春雨。

あまりの寒さに(マイナス1度)、ブイヨンがなかなかグツグツしてくれないのは愛嬌。代わりに、シャンパーニュはいつまでもキンキン(笑)。

天井に暖房もあって大きなふわふわ毛布にくるまりながらのご飯だけど、デセールはさすがに中に避難~。

3月中旬までやっているそう。もう少しあったかくなってからまた行きたい♪

d0347869_07210161.jpg
d0347869_07210997.jpg
d0347869_07224813.jpg
d0347869_07211935.jpg
d0347869_07202148.jpg
d0347869_07195765.jpg
http://www.mandarinoriental.fr/paris/?_ga=1.124966538.1055044620.1443535222



[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-31 07:24 | | Comments(0)

ル・ムーリスのアフタヌーンティ(パリ1区)Le Meurice Afternoon tea Paris 1er

26 décembre 2016


Afternoon tea de Cedric Grolet au Maurice, un palace que j'adore.

うっとり空間&極上のお菓子&最高のおしゃべり仲間で、大好きパラスのル・ムーリスで、セドリック・グロレのクリスマス・アフタヌーンティー忘年会💕

d0347869_19405144.jpg


Dans l’ambience joyeux, avec de bonnes amies et de délicieux gâteaux/patisseries, le temps passe trop vite. On est arrivées a 15h30, est parties a 19h. Merci les filles, pour cet chouette après-midi💕

定番のスコーンやサンドウィッチ、モンブラン、タルト・オ・ショコラなどに加え、もみの木クッキーやマロングラッセなどクリスマスお菓子も登場。さらに、新作ほやほやの栗パティスリーも。

焼きたてで運ばれてくるクグロフやマドレーヌのサーヴィスもとてもチャーミングで大好き。

セドリックのお菓子たちに拍手し、SMAPから社交界までのおしゃべりに興じるうちに、3時間半経過~。喉の痛みが心地いい😊

d0347869_19420136.jpg
d0347869_19524434.jpeg

d0347869_19411019.jpg
d0347869_19413214.jpg

d0347869_19412429.jpg
d0347869_19411514.jpg
d0347869_19414117.jpg


ノエルのキラッキラがあちらこちらに輝いて本当にきれい

夢の時間にメルシーボク。

d0347869_19415167.jpg
d0347869_19420729.jpg
d0347869_19421458.jpg
https://www.dorchestercollection.com/fr/paris/le-meurice/




[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-28 19:50 | | Comments(0)

ジェラール・ミュロのビュッシュ・ド・ノエル(パリ6区)Gerard Mulot Paris 6eme

24 décembre 2016

Apres 40ans, Monsieur Mulot passe le clef de sa fableux patisserie/traiteur/boulangerie/chocolaterie a Fabien Rouillard.
Cette pâtisserie était mon premier amour des patisseries parisiennes il y a plus de 20ans. C’est la pâtisserie ou je viens le plus nombreuses fois dans ma vie, il me semble. Non seulement des pâtisseries, j’adore des sandwichs, salades, quiches, kouglof, chouquettes etc etc. Les petit fours sales, je pense avoir acheté quelques dizaines de kg.
40年間も、パリと世界中の人々の舌を喜ばせてくれてきたジェラール・ミュロ。
私の初恋パリパティスリーはここ。94~96年に住んでいた頃は、毎週のように行ってたっけ
。あのころは今みたいにパティスリーやブーランジュリーが乱立していなくて、私はせっせと、お菓子はミュロさん&パンはプージョランさんに通った。
クロワッサンやクグロフ、シュケッツも好きだったし、サンドウィッチやサラダ、クルビヤックやブリオッシュリヨネーズなどの塩ものも大好きだったし、ミニキッシュやベーコンプルノーなどのアペリティフ用プチフールサレは20年で数十kg買ってる。
パティスリー&トレトゥール界の重鎮シェフ、ついに引退。寂しくもあり、今まで味わってきたたくさんのおいしい思い出が脳裏に蘇って懐かしくもある。
フォションを仕切っていたファビアン・ルイヤールが、この歴史ある名店を引き継いだ。これからもずっと、地元&世界の人たちから愛される店であり続けますように。
d0347869_23121008.jpg
d0347869_23113668.jpg
d0347869_23114775.jpg
d0347869_23115498.jpg

Ma buche de cette annee est naturellement de Monsieur Mulot. Cree avec le chef Fabien. Buche “Menton”, mousse au citron, créme chocolat au lait, marmelade de citron. Je me la régalera ce soir en pensant a Monsieur Mulot. Merci beaucoup Monsieur Mulot de nous avoir gates avec vos délices pendant longtemps!
ということで、今年のビュッシュはジェラール・ミュロ。ミュロさんとファビアンシェフのコラボレート作品、ビュッシュ・マントン。マントンレモンのムース、ミルクチョコレートのクリーム、レモンのマーマレード。今夜はミュロさんへのオマージュでこのビュッシュを味わおう。
たくさんのおいしい幸せを長い間どうもありがとうございました、ミュロさん。
d0347869_23123348.jpg
http://www.gerard-mulot.com




[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-24 23:17 | | Comments(0)

ヤン・クブルーのブリオッシュ(パリ11区)Brioche de Yann Couvreur Paris 11eme

20 décembre 2016

Apres chez Marco, petit passage chez Yann Couveur. Cool, le brioche est encore la!
マルコとさよならしたあとは、駅前のヤン・クヴルーへ。おぉ、ブリオッシュが残ってる!過去2度売り切れていたブリオッシュを、たっぷり購入。これで明日はパンペルデュ~♪
ほんとはオリーヴオイル買いにカザノヴァまで行きたいところだけど、マルコのシャンパーニュ2本買っちゃって重たいので断念。
さよならゴンクール。
d0347869_19525613.jpg
d0347869_19523208.jpg
d0347869_19524718.jpg
d0347869_19530311.jpg
Brioche du lendement💕
翌日の成果💕
d0347869_21165288.jpg
d0347869_21164478.jpg
https://yanncouvreur.com




[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-22 22:53 | | Comments(0)

ヴァントル(パリ11区)Vantre Paris11eme

20 decembre 2016

Promenade dans le cartier Goncourt.

Coucou Marco! Je l’ai aime a Taillevent, je l’ai apprécié au Bristol et maintenant, je suis contente de le voir chez lui.
ゴンクール界隈で仕事。せっかく遠出したので、いろいろ寄り道。
時刻はお昼、マルコのところに行ってみよう。
タイユヴァンそしてル・ブリストルで、ずっとお世話になってきた大好きスーパーソムリエ。独立して、ル・パッサージュの元シェフとレストランをオープン。
d0347869_19452850.jpg
Ses propres vins (bordeaux & champagne) dans des verres de Gabriel Glas (verre souffle est extra-extraordinaire!) avec la cuisine du chef Iacopo, naturelle et une petite touche italienne. Très très bon rapport qualité prix.
Bravo et a bientôt, Marco!
仔牛舌のテリーヌ&アンチョビ、仔豚の胸肉。プンタレッラやアンディーヴなどの野菜の苦味がとてもいいアクセント。イタリアが香る~。フランス料理は酸味が決め手だけど、イタリア料理は苦味がポイントだと思う。ワインも同じ。フランスワインはナチュラルな酸があってそれが魅力、イタリアワインは暖かすぎてぶどうに酸が出にくいので苦味を追求する。
なーんて話をマルコとしながら、マルコが手がけるシャンパーニュとボルドーをすする。おいしいなぁ。グラス、ガブリエル・グラス。マシンメイドも十分いいけど、ハンドメイドのステムのさわりごこちといい縁の口当たりといい軽さといい、たまらない。欲しい、とても欲しい。
カーヴすごすぎ。ワイン好きの友達と再訪したい♪
d0347869_19462702.jpg
d0347869_19454528.jpg
d0347869_19463456.jpg
d0347869_19464221.jpg
d0347869_19464987.jpg
d0347869_19483642.jpg
http://www.vantre.fr

[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-22 19:50 | | Comments(0)

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団&ダニエル・バレンボイム(パリ)Winer Philharmoniker & Daniel Barenboim Paris

20 decembre 2016


Winer Philharmoniker & Daniel Barenboim &Ma Vlast de Smetana.
Quelles instruments a cordes! Incroyable. J’aimais cet orchestre il y a 20-15 ans mais après Flute Enchantee a Vienne qui était assez décevant il a 5 ou 6 ans, j’ai evite a l’ecouter. J’avais tort. Fantastique soirée!
10年以上ぶりのウィーンフィルの音色に感激 5年くらい前、ウィーンで魔笛を見たとき、オケがいまひとつだったのにがっかりしてそれ以来聴くのやめちゃっていた。今から思えば、オペラだしエキストラがたっぷりいたのでしょう。
今夜は、なかよしバレンボイムを指揮者に招き、スメタナ”我が祖国”一曲勝負。シャン・ゼリゼ劇場はもちろんステージが見えない最上階まで満員御礼。(でも一列目端が3席もあいてた、、。)
しぶりのウィーンフィルの音色は、やっぱり弦が信じられない美しさ。恐ろしいのは、各パートの音色スタイルが同じでまったくぶれないこと。細い金の絹糸が16本束ねられて第一ヴァイオリンという一本の音として、ある程度の太さを持ちながらかつ一本一本の繊細さも残して響くイメージ。これが、コントラバスの8本まで続いて、弦を弾いているのが5人かと聞きまごうかのよう。室内楽活動が多いからなのかしら。みんななかよしなのかしら。そんな弦が、巨匠のタクトに見事に操られ、強弱というか見事な感情をたたえながら情緒豊かに神々しく歌ってる。まさに生き物みたいな弦。全曲を通してものすごい音で、第二曲モルダウは、まさに大河のとうとうとした流れが弦で表現されて圧巻。背筋がぞくっとする。
菅は興味深い。ウィーンフィルならではの、ウィンナーホルンやちょっと不思議なトランペットなどが、聴きなれないまろやかな音を出す。ホルン絶品、オーボエとクラリネットもいい。耳に合わなかったのは、ピッコロ。ものすごくうまいのはわかるのだけれどちょっとヒステリックに、この音(とトランペットも時々)だけ、まろやかで柔らかな絹のようなウィーンフィルの音色から、飛び出して聞こえてしまう。
とはいえ、全体的にものすごい感動にあふれた演奏会で、職人気質の極みみたいな音色はさすがはウィーンフィル。すっかり巨匠中の巨匠になったバレンボイムの解釈も丁寧で美しく、この交響詩を見事に語らせる。もちろん暗譜、そして各パートへの目力というか目でのドライブが見事。オケ演奏会のときは、正面より、指揮者の顔が見える少し上で横の席が好き。奏者が楽器を掃除したりパーツを取り替える作業なんかが見えるのも楽しい。
そして今夜感じたのは、ウィーンフィルのメンバーは、靴がみんなとてもきれいでピッカピカ。世界中の音楽家が、ウィーンで演奏靴をあつらえる、というものねー。タキシードもエレガントなカットで美しい。深いカットのベストやカマーバンドはつけてたりつけてなかったり好きでいいみたい。
行きのバスで一緒に乗った見事な毛皮のおばあさまとご主人、帰りのバスも一緒で、降り際にっこり。お互いよい夜を過ごせましたね。
今年最後の演奏会の残響にぼーっとしながらも、心は既に、来月のヤンソンス&バイエルン放送響💕😆


d0347869_20455337.jpg
d0347869_20460549.jpg
d0347869_20451248.jpg
d0347869_20480023.jpg







[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-21 20:49 | アート | Comments(0)

オベー・マンマ(パリ11区)Ober Mamma Paris 11eme

19 décembre 2016


J’ai adore Mamma Primi il y a deux mois, me voici, cette fois, a Ober Mamma.

2ヶ月前、マンマ・プリミのオープニングソワレでいただいた絶品ピッツァが忘れられず、オベー・マンマで忘年会。

d0347869_00084802.jpg

Franchement, ces pizzas sont géniaux.

Qu’il ouvre le 4eme restaurant au rive gauche!

カリッ&モチッの食感と甘い味わいのピッツア生地、ほんとおいしい。横のテーブルのフランス人は、縁を思い切り残していたけど、これ、縁こそがおいしいのに、、。ラザニアも抜群、ポチマロンソースのボンゴレもなかなか。口当たりよいパンナコッタも、パネトーネで作るティラミスもマル。すごく大きな店だけど、13時15分に着いたら30分待ちのウェイティング。でも、待つ価値ある~。

右岸に4店展開中。左岸に来てくれたらとっても嬉しいのになあ。


d0347869_00084036.jpg
d0347869_00075678.jpg
d0347869_00082867.jpg
d0347869_00085774.jpg
d0347869_00092431.jpg
https://www.bigmammagroup.com




[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-21 00:11 | | Comments(0)

日本酒byワイン・アドヴォケイト(パリ2区)Nihonshu (sake) selectiones par Robert Paker Paris2eme

19 decembre 2016

Degustation de 5 nihonshu (sake) de haute gamme, apprecies par Wine Advocate de Parker.
ロバート・パーカーのワイン・アドヴォケイトがチョイスした5種の日本酒試飲会。(ワイン・アドヴォケイトが日本酒の評価もするようになったのねえ。)メゾンデュサケにて、雑誌Penの主催。
d0347869_23481985.jpg
Accompagnee par de bon cake aux haricot noire & châtaigne japonais, très intéressant dégustation. Jusqu’a 23 décembre, sur réservation (gratuit), a Maison de Sake.
いずれも飲んだことのない、それぞれ強い個性が光る5つの日本酒。喜多屋、刈穂、八海山がいいな。美味しいお造りが横にほしかった~。
つまみは、丹波の黒豆や和栗をたっぷり使った、銀座へしれけーき。中に詰まってる黒豆いいわぁ。日本酒と合わせて、すっかりおせち気分。
23日まで開催、要予約で無料。
d0347869_23492163.jpg
d0347869_23493084.jpg
d0347869_23485933.jpg
d0347869_23484899.jpg
d0347869_23482700.jpg
d0347869_23480755.jpg
d0347869_23474822.jpg
d0347869_23471831.jpg
https://www.facebook.com/events/173068586502144/



[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-20 23:53 | | Comments(0)

レ・タブレット・ジャン=ルイ・ノミコス(パリ16区)Les Tablettes Jean-Louis Nomicos Paris 16eme

16 decembre 206

Ahh, sacree création de Jean-Louis Nomicos! Macaroni, truffe noire, foie gras et céleri, cree il y a 19ans a la Grande Cascade.
料理の世界で、後世にまで残る”クレアシオン”ってなかなかあわられないものだろうけれど、これはまさに料理史に残るクレアシオン。ジャン=ルイ・ノミコスの、マカロニ・黒トリュフ・フォアグラ・セロリ。
d0347869_04541386.jpg

Une véritable création de ce grand chef que j’aime beaucoup. Arnaud Donckel, un des disciplines du chef Nomicos, présente cette recette avec l’artichaut violette au lieu de céleri, comme un hommage pour son maitre, aussi Eric Frechon propose cette entrée en utilisant artichaut et pas céleri.
Je n’étais pas encore a Paris lorsq’il était a la Grande Cascade mais a Lasserre et ici aux Tablettes Jean-Louis Nomicos, j’ai eu quelques plaisirs de savorer ce délice. On se croise assez souvent dans des evennements mais ça fait 3 ou 4 ans, que je ne suis pas venue a son restaurant…
Toujours optimalement délicieux, ce macaroni!! Gougère, potiron, lievre a la royale Senateur Couteaux, marron-mandarine et de petits fours, tout est a l’aise et très bon.
Il me tard a feter le 20eme anniversaire de cette création a l’annee prochaine😊
19年前、ラ・グランド・カスカードのシェフ時代に考案した作品。私はここでは巡り会えず、ラセール、そしてレ・タブレット・ジャン=ルイ・ノミコスで味わってきた。大きなインパクトを業界に与え、ノミコスシェフの愛弟子だった今をときめくアルノー・ドンケル(サン・トロペ、また行きたい~)はラ・ヴァーグ・ドールで、”師へのオマージュ”と銘打って、セロリの代わりに紫アーティチョークを使ったこの作品をメニューに載せているし、ル・ブリストルはエピキュールのエリック・フレションの傑作、マカロニ・黒トリュフ・フォアグラ・セロリも、ノミコスシェフからのインスピレーションのはず。
3~4年ぶりくらいにいただくマカロニは、過不足ないというか肩のこらないナチュラルなおいしさで、例えばフレションシェフのマカロニが、全部食べ終わった後お腹がひゃ~になる時があるのに比べると(もしろん極上のおいしさだけど)、ノミコスシェフのはパクパクパクンとスッとお腹におさまり、口の中にしみじみおいしさの残響が残る。
前後を彩る、グジェール、ポチマロンのロワイヤル、リエーヴルアラロワイヤルのセナタークトー風(野ウサギを丸ごと煮込んでから肉をほぐしたスタイル)も、しみじみするおいしさでお腹に優しい。おやつのマロン&クレマンティヌ&マンダリンもなかなか。
ラセール時代から大好きなシェフ、時々イベントで顔をあわせるけど、久しぶりにいただくおいしさに敬意の念を改めて。
キャベツから王様ならぬ、ジョエル・ロビュションからアラン・デュカスまでガストロノミー四方山話で盛り上がる、食いしん坊な忘年会。
来年は、ノミコスシェフのマカロニ20周年。おゆわいイベントしてくれるかな♪
d0347869_04535734.jpg
d0347869_04540543.jpg
d0347869_04564996.jpg
d0347869_04542903.jpg
d0347869_04553510.jpg
d0347869_04554259.jpg
d0347869_04555017.jpg
http://www.lestablettesjeanlouisnomicos.com



[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-19 04:59 | | Comments(0)

ロテルのアフタヌーンティー(パリ6区)Afternoon tea a l'Hotel Paris 6eme

15 decembre 2016

Après-midi cocon autour d’un très bel afternoon tea de Noel, signe Joana Thony a l’Hotel, la derniere demeure de l’auteur de Dorian Gray.
Scone, creme, sandwich et des patisseries très mignons et très Noel accompagnes par de très bons thes de Lupicia (voisin du cartier). Tout était bon mais mes chouchous était la petite buche roule et mont-blanc en sapin.
ジャック・ガルシアがデザインした美しい隠れ家ホテルで、クリスマス・アフターヌーンティー。
クラシックなスコーン&クリーム&コンフィチュール(やっぱりアフタヌーンティーにはこれが欲しい)、キュウリミントや鶏のサンドウィッチ、そしてノエル仕様の可愛らしいお菓子たち。お茶は、ご近所にブティックがあるルピシアで、きちんとこしたものをポットサーヴィス。
懐かしいロールスタイルのミニビュッシュドノエル(ロールケーキなビュッシュドノエル、ここ数年続々復活してるね)、モミの木型のモンブラン、プレゼントみたいなギモーヴ、可愛い💕
この由緒あるホテルのお菓子シェフは、ジョアナ・トニー(テニーかも)。女性らしい、愛くるしいチャーム満載のおいしいアフタヌーンティー。
d0347869_19281258.jpg
d0347869_19282053.jpg
d0347869_19280309.jpg
d0347869_19283072.jpg
d0347869_19295148.jpg
d0347869_19283513.jpg

On aurait du parler d’Oscar Wilde mais on a bavarde que de l’opéra et du ballet. Hélas, au moins, on aurait du parler de Salome…
Jusqu’au 31 decembre.
ワイルドが客死したホテル。本来ならワイルド作品話で盛り上げるべきなのだけれど、バレエとオペラの話で終わっちゃう。せめて、サロメの話くらいするべきだった、、。シュトラウスはちょろっと話題にでたのに。プチパレで開催中のワイルド展、早く行かなくちゃ。
街がノエル前の慌ただしい雰囲気に包まれる中、ほっこりした心地いい時間がとても愛しい。
31日まで。
d0347869_19284105.jpg
d0347869_19300087.jpg
http://www.l-hotel.com



[PR]



by yukinokano2 | 2016-12-17 19:32 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索