Paris Gourmand パリのおいしい日々2

オーベルジュ・デ・タンプリエ(ボワモラン ロワール地方)Auberge des Templiers Boismorand dans Loire

17-18 mai 2017

Moment detante a Auberge des Templiers.
Ce sublime Relais & Châteaux était un des fondateurs de Relais de Campagne, qui est devenu Relais & Châteaux. Gardant vraiment “5C de Relais” ; Courtoisie, Charme, Caractère, Calme, Cuisine, un très charmant lieu.
A très bientôt, j’espere.
ロワール地方の名門ホテル、オーベルジュ・デ・タンプリエに滞在。
17世紀に建てられた母屋を中心にした美しい庭を備えたルレ・エ・シャトー。1946年の創業で、ルレの前身、ルレ・ド・カンパーニュの創業メンバー8軒のうちの一つ。創業メンバーで今なおホテルとして健在なのはここだけ。去年から、創業ファミリー3代目のギヨーム・デペが、あふれんばかりの魅力的な逸話が詰まった由緒あるルレ・エ・シャトーにあらたな息吹を吹き込んでいる。
d0347869_19084144.jpg
d0347869_19073877.jpg

d0347869_19072067.jpg

Apéritif dans les verdures. Ca fait du bien🌳
緑に包まれてアペリティフ🌳 緑の匂いはやっぱりいいなぁ。
d0347869_19082916.jpg
d0347869_19074514.jpg
Le diner signe par Yoshihiko Miura, un des premiers chefs japonais qui sont etoiles.
Ca fait 5ans que je ne suis pas venue ici. Très contente de gouter a nouveau sa cuisine raffinee et gouteuse.
ミッテラン元大統領がサロンで踊り、ロジャー・ムーアが階段で転びそうになり、1代目の妻は99歳までゲストを笑顔で迎え、若きアラン・デュカスが厨房に履歴書を送った、唯一無二の歴史を持つオーベルジュ・デ・タンプリエは、ずっと昔からミシュラン1つ星を取っている。
d0347869_19132559.jpg
d0347869_19133349.jpg
d0347869_19133933.jpg

7年くらい前からここのシェフは、三浦賢彦さん。ホテル西洋銀座などを経て、渡仏。レスペランスなど地方の名店をいろいろ経て、ここのシェフに迎えられた。ミシュラン星付き日本人シェフは、今や10人を余裕で超えるけれど、三浦さんは、まだ星付き日本人シェフが珍しかった頃からこのタイトルを持っている。
4〜5年ぶりくらいの訪問。ご無沙汰していました三浦シェフ。
d0347869_19145940.jpg
d0347869_19151792.jpg
燻製うずらの卵&フィラデルフィア、野生のきのこラヴィオリ、カニさん&アヴォカド&ゆず、スズキ&地元ソローニュのカヴィア&マリ二エールエミュルジョン、ロット県の仔羊”ジンギスカン風”。地元のヤギやヒツジのフロマージュを味わい、おやつは、この店が誇るロートシルト風スフレを横目でチラチラ見ながら、ガリゲットいちごとロゼシャパーニュジュレのパヴロヴァ。
全部よかったけど、やっぱりジンギスカンに注目。三浦シェフは北海道出身。背肉は、地元のシードルに漬け込んでからしっかり加熱。ロスコフタマネギもとろんと濃厚で、ジンギスカンらしいパンチの効いた味付け。もやしが添えてあるあたりも、ジンギスカンのイメージ。見た目は王道コット・ダニョーだけど、食べるとなるほどジンギスカンで楽しいね。
前回よりも、チャーミングな遊び心が増えて、日本が少し前に出てきている気がする。次に来るときは、どんなおいしさになっているのかしら?
d0347869_19154483.jpg
d0347869_19155058.jpg
d0347869_19155588.jpg
d0347869_19160419.jpg
d0347869_19160990.jpg
d0347869_19161517.jpg
d0347869_19163295.jpg
d0347869_19163756.jpg
d0347869_19164690.jpg
d0347869_19170415.jpg
d0347869_19171214.jpg
d0347869_19165383.jpg

Le lendement, dejeuner prevu a Pool House. Comme on a eu un peu de pluie au matin, on se trouve dans la salle du restaurant.
Sushi revisite (avec du riz de Japon et de wasabi de Japon (tres rare meme a Paris! Quel luxe!) avec la sauce soja a l'emulusion de yuzu (tres bonne idee) ainsi des brochettes de teppanyaki.
翌日は、夏場だけプールサイドハウスで提供する、寿司&鉄板焼き。お天気がいまひとつだったので、残念ながらプールサイドではいただけず、レストランサロンにて。
寿司は、シャロレ牛など地元特産も使い、お米はなんと日本産!わさびも静岡のものを利用。パリのそんじょそこらの和食屋さんがかなわないね(笑)。柚子のエミュルジョンを纏わせた醤油が秀逸。エミュルジョンがあるので、お寿司をビショビショにせず、ちょうどいい感じにしみてくれる。
d0347869_19200332.jpg
d0347869_19182728.jpg
d0347869_19183780.jpg
d0347869_19184300.jpg
d0347869_19184923.jpg
d0347869_19150524.jpg
Un très agréable séjours garanti par "5C de Relais & Châteaux". La vie est très belle grâce a Auberge des Templiers.
J'espere y revenir bientôt, pour rancontrer les chats ainsi des lapins qui visitent de temps en temps le parc.
ルレ・エ・シャトーのエスプリ”5C”(クルトワジー丁寧、シャルム魅力、キャラクテール特徴、カルム静けさ、キュイジーヌ料理)をきっちり体現している素敵なホテルレストラン。昔からルレ〜が大好きで、フランスの加盟店をかなり訪ねているけど、やっぱりルレ〜はいいな、しみじみと思える場所。
パリから車で2時間足らず。今度は、今日会えなかった猫さんと、夜になると庭に遊びに来るウサギたちを見られますように。
d0347869_19135886.jpg
d0347869_19143195.jpg
d0347869_19065759.jpg
http://www.lestempliers.com/fr/




[PR]



# by yukinokano2 | 2017-05-19 19:12 | | Comments(0)

インドネシア料理@ル・コルドン・ブルー・パリ(パリ15区)Cuisine d'Indonesie a Cordon Bleu Paris Paris 15eme

16 mai 2017

Demonstration de la cuisine d’Indonesie a Cordon Bleu Paris par Degan Septoadji et ses confreres.
Qu’est ce que ca sent bon, ces epices… Ca fait envie a venir a Indonesie.
インドネシアからトップシェフたちがやってきて、ル・コルドン・ブルーで料理デモンストレーション。
全く知らないインドネシア料理、その肝はスパイスペースト、ということがよーくわかった。基本のスパイスは、ニンニクとエシャロットだそう。そこに、ガランガ、レモングラス、キャンドルナッツ、コンバヴァ、黒ショウガなどを入れて、花崗岩のすり鉢でゴリゴリ。唐辛子は使ったり使わなかったり。コリアンダーはシードはたまに使うけど生はほぼ使わない。
14000ほどもの島からなるインドネシアは、実に多種多様な食文化を持っているそう。香辛料の芳しい香りに包まれたデモンストレーションとおいしい料理の味見に、すっかりインドネシアに行きたくなっちゃった。
d0347869_20441897.jpg
d0347869_20442351.jpg
d0347869_20454633.jpg
d0347869_20445712.jpg
d0347869_20450374.jpg
d0347869_20450849.jpg
d0347869_20443884.jpg
d0347869_20445032.jpg
d0347869_20444379.jpg
d0347869_20453230.jpg
d0347869_20474125.jpg

Semaine gastronomique a Cafe de la Paix jusqu’au 21 mai, on peut y gouter la cuisine du chef Degan et ses copains chefs.
21日まで、カフェ・ド・ラ・ペで、インドネシア料理フェアを開催中。
d0347869_20435362.jpg

[PR]



# by yukinokano2 | 2017-05-17 20:48 | | Comments(0)

サン・トノレ祭り@マンダリン・オリエンタル・パリ(パリ1区)Happy Saint Honore a Mandarin Oriental Paris Paris 1er

16 mai 2017

Joyeux&Happy Saint-Honore!
ジュワイユー・サン・トノレ!
今日は、サン・トノレの日。キリスト教のカレンダーには毎日守護聖人が付いていて、サン・トノレ(聖オノレ)はパン職人の守護聖人。
d0347869_17584112.jpg
Pour honorer le jour de Saint-Honore, belle fete a Mandarin Oriental Paris avec Saint-Honore classique ainsi d’autres saveurs.
Bravo et merci, MOP😊
サン・トノレを祝して、サン・トノレ通りにあるマンダラン・オリエンタル・パリのテラスでソワレ。3mくらいもあるクラシックなサン・トノレと、このホテル特製のタルト風サン・トノレを6種の味で。全部おいし〜😊 伝統菓子の中で、サン・トノレ、一番好き。
昔は、サン・トノレ通りとサン・トノレ大通りにあるホテルやブティックが合同でサン・トノレ祭を企画して、大好きなこのお菓子のはしごを楽しめたものだけど、最近すっかりそういうチャーミングなイベントがなくなっちゃったね。マンダラン・オリエンタル・パリ、ありがとう💕
d0347869_17585207.jpg
d0347869_17580871.jpg
d0347869_17583248.jpg
d0347869_17585968.jpg
d0347869_18021626.jpg

d0347869_17590536.jpg
d0347869_17591109.jpg

帰りがけの西の空。21時過ぎ。日が長くなったね。夏至までもうひと月ちょっと。
d0347869_17595076.jpg


[PR]



# by yukinokano2 | 2017-05-17 18:05 | | Comments(0)

パリ国立オペラ座バレエカニンガム&フォーサイス&ジェレミー・ベランガール引退公演 Ballet de l'Opera de Paris

9,13 mai 2017

9 mai:
Belingard/Cunningham/Forsythe.
J’ai choisi cette date pour voir Ludmila, Eleonora et Francois. Hélas, personne s’est montre sur la scène😢
Heureusement, extraordinaire Jérémie était la. Lui et sa pièce étaient sublimes, tout simplement! Il me manquera beaucoup…
Bravo a Hana, Lydie et surtout a Pablo dans Herman Schmerman.
9日。
オペラ座バレエ。カニンガム・フォーサイスプログラム。アメリカ人振付家対決だね。
d0347869_02022627.jpg

リュドミラとエレ&フランソワが見たくてこの日にしたのに、全員揃って欠席って、、😢
カニンガムのウォークアロウンド・タイムは、私には知的すぎ。マルセル・デュシャンとジャスパー・ジョーンズの勉強し直そう。なんとも言えない50分間の果て、いくつかのブーイングとともに幕。隣人は30分くらいで途中退席。見るのが耐えられなかった?と聞いたら、トイレに行きたかっただけ、と。ほんとかな(笑)?
d0347869_02021171.jpg

フォーサイス2作品は、ダンサーたちが役不足すぎる。トリオ、リュドミラがいればキュッと引き締まったでしょうに、彼女がいないと、ファビアンとシモンの頑張ってフォーサイスっぽくしてます!感が強すぎてバタバタするだけ。この二人、もう少し期待していたのだけど。
d0347869_02034707.jpg
ヘルマン・シュメルマンの主役二人は、フォーサイスに必要な遠心力ゼロ。クインテットの5人の方がずっとよく、特にパブロはブラヴォ!彼、去年のフォーサイス作品もすごくよかったっけ。ハナちゃん、リディーといったフォーサイスを踊れるダンサーも揃い、ほんと、クインテットに救われた。ああ、フランソワ&エレで見たかった、、。

昨夜の4作品中、唯一感動したのは、最初に上演されたジェレミー・ベランガールのスケアリー・ビューティー。土曜日に引退してしまう、大好きエトワール。野生動物の美しさとしなやかさを彷彿させる抜群の存在感と強烈な動きを持つ、オペラ座の主流から外れたダンサー。もうかなり前からオペラ座の舞台にはほとんど立たず、音楽やもっと自分らしさを生かせる舞台活動をしていた。去年、彼の”世界の終焉へのパラード”を見たとき、彼がオペラ座で踊らなくなった理由が、残念ながらよくわかったっけ。
今回、彼が引退公演として自ら振り付けた独り舞台は、パラード同様、渋谷慶一郎が音楽で、3Dヴィジュアル満載の美しい作品。真っ赤な衣装は、パトリック・デュポンの当たり役だったア・スイット・オヴ・ダンスのだよね、多分。後半は、ジェレミーの最高の舞台だったアルルの女のステップを思い起こさせる振り付けも。
ジェレミーにしかできない、肉体が独自の思考を持って周囲の空気の質感を変えるような独特で美しい動き、それにぴったり共鳴するそれはそれは美しいヴィジュアルに陶然としつつ、土曜日を最後にジェレミーをこの劇場で見られなくなる、と思ってちょっとウルウルするしてしまう。
ジェレミーに尽きる夜だったな。
d0347869_02004425.jpg
d0347869_02000795.jpg

13 mai;
Les Adieux de Jeremie Belingard.
J’adore ce danseur atypique depuis qu’il était coryphee. Puck de Songe de Neumeier, Pas/parts, Wuthering Heights, Bella Figura et son inoubliable L’Arlesienne….
Merci beaucoup Jeremie pour toutes ces sensations.
13日。
オペラ座バレエ、ジェレミー・ベランガール引退公演。
9日は、ジェレミー振り付けのスケアリー・ビューティーが最初に付け足されたけど、今日はやっぱり最後に付け足された。
カニンガムのウォークアラウンド〜は、前回よりは楽しめたかも。デュシャンについて少し勉強したのと、真ん中部分が前回より面白い構成になっていた。
フォーサイス、トリオは前回と全く同じ印象。ハンマーは、期待していたユゴ&ハナちゃん思ったよりより普通、前回同様、パブロが圧巻のキレ。彼、ほんとにフォーサイスが似合う。今後が楽しみ。
d0347869_02015111.jpg
d0347869_02020641.jpg

そしてジェレミーのアデュー公演。
ヴィジュアルと音楽とダンスのジャズセッションのような、見事な自作が引退作品。ふた昔前のオペラ座だったら、こんな作品絶対上演不可能だった。この作品での引退を叶えてくれたオレリーに感謝、なのかな。
幻想的で美しい20分が終わり、アデューのスタート。二人の息子たちは、2年前のオレリーのときにも登場し、2度もアデュー体験してる(笑)。”幼い頃に両親の舞台で体験したアデューが楽しくて、ダンサーに、エトワールダンサーになりたいと思ったんです”なんて、20年後くらいに言ってくれたら面白いのに(笑)。
d0347869_02010467.jpg
d0347869_02012556.jpg
d0347869_02013393.jpg

オペラ座の王道とは完全にかけ離れた、ある種異端の道をずっと歩んできたジェレミー。野性的で、しなやかでプリミティフな美しさを持つキレのある動きで、最愛ダンサーだったカデールにちょっと近い雰囲気を持っていた。
ノイマイヤー夏の夜の夢のパック、キリアンのベラ・フィギュラ、フォーサイスのパ・パーツ、カデールの嵐が丘、そして見るたびに涙あふれたプティのアルルの女、、。あの感動は一生忘れない。過去の振付家より生きている振付家の作品が似合い、彼らの琴線を揺らし、彼らに焦がれられるダンサーだった。
たくさんの感動をありがとう、ジェレミー。
d0347869_02053576.jpg
d0347869_02014239.jpg
d0347869_02014760.jpg








[PR]



# by yukinokano2 | 2017-05-16 02:12 | アート | Comments(0)

シャングリ・ラ・パリのティータイムビュッフェ(パリ16区)L'heure de gouter a Shangri-La Paris 16eme

13 mai 2017


L’heure de gouter signe par Michael Bartocetti. Plein de sucreries sur les trois buffets, fascinant et ca fait envie… 💕

Avec une copine 100% sucree, on s’occupe de vous, des gateaux.

シャングリ・ラ・パリで先月から始まった、土日限定のおやつビュッフェ。友達の中で一番のお菓子好きを誘って、いざおやつ。

3つのビュッフェに飾られた、ありとあらゆるおやつたちを前に、興奮💕 さあじゃあ、始めましょうか!

d0347869_17572826.jpg
d0347869_17575977.jpg
d0347869_17591743.jpg

A hommage de Careme.

1er service: fraisier, saint-honore, marron/agrume, tarte aux fruits rouge, tarte au citron, tarte tatin, riz au lait, ile frottant.

2eme service: flan, tarte aux fraise, millefeuille, baba au rhum, chou au cafe, clafoutis aux cerises, gateau aux amandes?

3eme service: madeleine au miel/gingembre, madeleine au chocolat, chouquette, paris breste, sable, amande caramelise, cannelle, macaron, gateau chocolat, financier, chou a la creme, the glace.

4eme service: cake au chocolat, cake mable, cookie, froufrou, caramel, nougat, tarte au chocolat, macaron, salade de fruit, sucette.

Et voila! Je pense que Careme aurait été fier de nous deux. Merci & Bravo, Michael et Shangri-La Paris!

アントナン・カレームへのオマージュ風に。

第一サーヴィス:フレジエ、サントノレ、マロン&オレンジ、タルトオシトロン、赤い果物タルト、タルトタタン、リオレ、イルフロッタント

第二サーヴィス:ババオラム、アーモンドタルト(かな?)、さくらんぼのクラフティ、カフェシュー、イチゴタルト、フラン、ミルフイユ

第三サーヴィス:蜂蜜生姜マドレーヌ、ショコラマドレーヌ、パリブレスト、アーモンドカラメリゼ、シュケット、サブレ、カヌレ、マカロン、フィナンシエ、ガトーショコラ、シューアラクレーム

第四サーヴィス:ケークマブレ、ケークショコラ、クッキー、キャラメル、ヌガー、フルフル、タルトオショコラ、シュセット、フルーツサラダ

トロペジエンヌやムラングなどいくつかスルーしたものもあるけれど、私たちのたべっぷりに、カレームも喜んでくれたことでしょう。

おいしいおやつタイムをブラヴォー&メルシー、ミカエル&シャングリラ・パリ😊

d0347869_17582249.jpg
d0347869_17584332.jpg
d0347869_17585123.jpg
d0347869_17585954.jpg
d0347869_17591152.jpg


d0347869_17574185.jpg
d0347869_17574759.jpg
d0347869_17581574.jpg
d0347869_17580818.jpg
d0347869_18021769.jpg
http://www.shangri-la.com/fr/paris/shangrila/






[PR]



# by yukinokano2 | 2017-05-15 18:06 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索