Paris Gourmand パリのおいしい日々2

フォーシーズンスホテル・ジョルジュサンク・パリのビュッシュドノエル(パリ8区)Buche de Noel de Four Seasons Hotel George V Paris 8eme

12 septembre 2017

Buche de Noel, signee par Maxime Frederic, nouveau chef pâtissier de, non seulement de l’Orangerie mais de Four Seasons Paris entier (inclus Le Cinq & Le George).
Ravissante, elegante et delicieuse. Une belle buche qui a une belle allure de palace.
Bravo Maxime! J’aimerais tant passer Noel avec cette buche. Au Cinq avec les saveurs grandioses de Christian, a l’Orangerie avec les suaves parfumes de David ou encore au George avec les odorats mediterraneennes de Simone? L’un l’autre me plaira parfaitement❤️
フォーシーズンスの、「ロランジュリー」のシェフパティシエ、マキシム・フレデリックは、今月から、フォーシーズンス全体のシェフパティシエになった。「ル・サンク」(今までいたステファンは東京のマンダリンへ)、「ル・ジョルジュ」はもちろん、ギャラリーやバンケットも全てマキシムが統括するようになる。ムーリスで、カミーユ&セドリックに指導を受けたマキシムのデセールは、姿にも味にもいつもうっとり。
d0347869_21440798.jpg
そんな彼の、初ビュッシュ・ド・ノエルの発表会。
とても素敵なアートピース。
ショコラ製のバトンをスパイラルに積み上げたクリスマスツリーに、ミニサイズのショコラ&柚子&伊予柑風味のビュシェットや松ぼっくりショコラ、ナッツ類が飾られている。上の星はトリュフ、松ぼっくり型の土台もショコラ。
パラスならではの華やかなオートクチュール的ビュッシュは、姿も味もとってもチャーミング。さすが、今をときめくマキシム。
d0347869_21435020.jpg
d0347869_21453622.jpg
d0347869_21454162.jpg
d0347869_21460996.jpg
d0347869_21461365.jpg
d0347869_21461960.jpg
d0347869_21462430.jpg
d0347869_21465704.jpg
ルサンク、ロランジュリー、ルジョルジュのどこででもオーダーできるそう。クリスマス時期、このビュッシュと一緒にフォーシーズンスで過ごしたい❤️ 
レストランはどこでもいいな。ルサンクでがっつりクリスチャンを堪能するるもよし、ロランジュリーでダヴィッドのエレガンスに浸るもよし、ジョルジュでシモネが紡ぐ地中海の香りを楽しむもよし。どのシェフの料理も、極上。
d0347869_21444398.jpg
ジェフとコラボして、このビュッシュの巨大ヴァージョンも作ればいいのに。スパイラルの上に、ジェフの花をふんだんに飾って。想像するだけでうっとり

d0347869_21424435.jpg
d0347869_21433318.jpg
http://www.fourseasons.com/paris




[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-12 21:49 | | Comments(0)

I ❤️ Salon (パリ) J'adore Champagne Salon

11 septembre 2017

Au déjeuner, en regardant mon coque de telephone, le hote m’a demande si j’aime Salon et j’ai repondu que oui, je l’adore.
Quelque temps après, il a fait ouvrir cette bouteille. La vie est belle….
美しい邸宅でランチ。
d0347869_20215526.jpg
d0347869_20220275.jpg
食事のはじめに、私のアイフォンケースを見たホストの方が ”サロン好きなんですか?”と。”好き、というより惚れています。でも、味わう機会はあまりないのですが、、。”と私。”僕も大好きなんですよ。あれこそワイン中のワイン、素晴らしいシャンパーニュですね”とホスト。
1時間後、ケースと同じ色のボトルがテーブルにやってきた〜😆


部下をパリ中走らせ、冷えたサロンを探してくださったそう。昨年リリースした2006に、はじめまして。まだ若いけど、ほんのりバターやナッツの香り。
今まで何度か、サロンのファンなの?と聞かれたことはあったけど、ご馳走していただいたのは初めて。この携帯ケース、ちょっとヒビが入ってしまい、もう外した方がいいかな、、、と思っていたところだったけど、外さなくてよかった〜。ボロボロになっても使い続けよう。
d0347869_20222540.jpg

ホストに感謝、ケースをくれた友達に感謝

d0347869_20223695.jpg

[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-12 20:24 | | Comments(0)

ル・ゴティヨン(シャンティ)Le Goutillon Chantilly

10 septembre 2017

シャンティー城での優美なイベントを堪能後、ラファのフラッシング・メドウ優勝の前祝いで、シャンティー街中のベタなビストロで、大宴会。
d0347869_01461253.jpg

クリスタル06マグナムで乾杯して、ルイ・ラトゥールのムルソー・プルミエクリュ09ルイ・ラトゥールでエスカルゴとニシン&ジャガイモに舌鼓をうったのち、シャルム・シャンベルタン09ルイ・ジャドでフリットとブッフ・ブルギニオンに恍惚。
人生初体験のクリスタルマグナムは周りの世界をそのボトルの色のごとく輝かせてくれるし、ぬるめのまったりムルソーはジャガイモの甘みとニシンの甘みにぴったりだし、なによりエレガントなシャルムとフリットの相性が泣ける。
ホテルに戻りラファの優勝をラファラヴァーの仲間たちと見届け、深夜1時の祝杯で充実日曜日が終わる。ラファ、3度目のUSオープン優勝おめでとー!!!
d0347869_01461722.jpg
d0347869_01462616.jpg
d0347869_01463383.jpg
d0347869_01465817.jpg


[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-12 01:48 | | Comments(0)

シャンティー アール&エレガンス リシャール・ミル2017 Chantilly Arts & Elegance Richard Mille

09-10 septembre 2017

Bons souvenirs de Chantilly Arts & Elegance Richard Mille. Comme chaques années, ça fait rêver…
シャンティー アール&エレガンス リシャール・ミル2017。
今年も、シャンティー城&庭園を会場に、エレガンスの粋。車、馬、時計の最高峰を、スペクタクル感満載で満喫。
d0347869_01245782.jpg
d0347869_01251165.jpg
d0347869_01252053.jpg
d0347869_01265617.jpg
d0347869_01270451.jpg
d0347869_01271315.jpg
d0347869_01272044.jpg

d0347869_01272974.jpg
d0347869_01273982.jpg
d0347869_01274711.jpg
d0347869_01275628.jpg

d0347869_01280594.jpg
d0347869_01290286.jpg
d0347869_01290797.jpg
d0347869_01252845.jpg
d0347869_01253714.jpg
d0347869_01254427.jpg
d0347869_01294652.jpg
d0347869_01300901.jpg
d0347869_01295946.jpg


[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-12 01:32 | アート | Comments(0)

ル・クラランス(パリ8区)Le Clarence Paris 8eme

08 septembre 2017

Clôture d’une semaine gastronomique.
Apres Le Gabriell, Kei, Pertinence, Antoine, me voici au Clarence. Quel plaisir de savourer a nouveau la cuisine de Christophe que j’adore, accompagnee par de jolis vins de la maison en magnum
Comme d’habitude, sa cuisine me séduit comme tout…
今週は美食強化に勤しんだ。ル・ガブリエル、ケイ、ペルティナンス、アントワーヌと続き、ラストを華々しく飾るのはル・クラランス。大好きなクリストフ・プレご飯と久しぶりの再会が嬉しくてたまらない。
d0347869_16420745.jpg

優美なお気に入りサロンでアペリティフを楽しんだのち、今夜は、厨房が映画スクリーンのように見られる個室。オマール&リドヴォー、雷鳥&エビなど、山海のマリアージュふんだんなディナー。どれも素敵に美味しいなか、とびっきりは、タイ&モッツアレラ&飛騨牛。遊び心と繊細な感性がきれいに共鳴するクリストフの料理に、いつも嬉しくてついつい踊っちゃう。
d0347869_16424233.jpg
d0347869_16424933.jpg
d0347869_16425485.jpg
d0347869_16430180.jpg
d0347869_16440310.jpg
d0347869_16442067.jpg
d0347869_16444943.jpg
d0347869_16451104.jpg
d0347869_16451696.jpg
d0347869_16452121.jpg
d0347869_16452605.jpg

合わせたワインは、もちろん”ハウスワイン”。オーブリオンの白赤はさすがに無理だけど、それぞれのセカンドワインのレ・プランティエ07とル・クラランス09のマグナムを満喫。
d0347869_16423709.jpg
d0347869_16442725.jpg

エレガンス満ち溢れる素敵なディナーに感謝。
d0347869_16450448.jpg
http://www.le-clarence.paris



[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-09 16:47 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索