Paris Gourmand パリのおいしい日々2

アントワーヌ(パリ16区)Antoine Paris 16eme

07 septembre 2017

Tres chouette soiree iodee.
Rafinee, creatif, savoureuse cote cuisine & sympathique cote service et ambience.
On s’est regales. Bravo Thibault!!
海の幸を満喫🌊
かなり久しぶりのアントワーヌ。前回は、5年くらい前、ティボー・ソンバルディエがシェフになって間もない頃だったかな。ご無沙汰してました、ティボー!

d0347869_17560991.jpg
ラングスティヌ&マグロ&燻製うなぎ&トマト、チュルボ&クルジェット、ミラベルのデセールに舌鼓。
素敵な進化を遂げたティボー。美しく、創造的で、繊細だけどしっかりした味、のとても素敵な料理。あちこちに、師匠だったヤニックの、第一次黄金期だった頃のサインがあって、とっても懐かしい。あの頃、ムーリスでのヤニックはほんと凄かった。
合わせたワインも、サーヴィスもなかなかで、とてもいい夜。強いて言えば、エッフェル塔ヴュー席にしてもらったけど、街路樹の葉が落ちていないので肝心の塔がよく見えなかったこと(笑)。冬、葉が落ちると、とっても綺麗にキラキラエッフェルが見えるんだ、ここ。
帰りがけ、ヤニックとアラン・デュトゥルニエというティボーの師匠達&時計の話題で盛り上がる。お互い、いつか希望の時計を腕にはめられるといいね。(チボーはパテックのノーティラス、私はもちろんリシャールのRM027かランゲのプール・ル・メリット(一番シンプルなのでいい)。)
d0347869_17580330.jpg
d0347869_17575472.jpg
d0347869_17574893.jpg
d0347869_17573789.jpg
d0347869_17572739.jpg
d0347869_17565860.jpg
d0347869_17565377.jpg
d0347869_17562150.jpg
店を出てすぐのところにあるダイアナさんが亡くなった場所とエッフェル塔を眺めながら、帰途につく。
http://www.antoine-paris.fr





[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-08 17:59 | | Comments(0)

ショーメ&アスティエ・ド・ヴィラット(パリ1区) Chaumet & Astier de Vilatte Paris

07 septembre 2017


Chaumet Lien Seduction, présentation. Je le veux, vraiment le je veux.
美しき発表会、二つ。💕
ショーメ、リアン・セデュクションのプレゼンテーション@本店上階の美しきサロン。
先月原稿書きながら、欲しい〜絶対欲しい〜と思ったペンダント。つけてみたら、もっともっと欲しくなった。
真剣に悩み中
d0347869_17072447.jpg
d0347869_17071557.jpg
d0347869_17075084.jpg


Astier de Vilatte X Lou Doillon.
Livre de Drawings ainsi 17varietes de tasse.
続いて、アスティエ・ド・ヴィラットの新作発表会@ショールーム。
ルー・ドワイヤンとのコラボで、17種のマグカップとドローイングブックが誕生。
ルー・ドワイヤンの絵の才能に驚き。ずっと前から描いていたのだそう。デッサンのモデルは自分自身。なので、右手や顔のデッサンはなし。
ここの食器やセンスに囲まれた生活がしたい、としみじみ思う。
d0347869_17083766.jpg



d0347869_17081261.jpg
d0347869_17081717.jpg

d0347869_17090218.jpg
d0347869_17090899.jpg
d0347869_17091686.jpg
d0347869_17092129.jpg
d0347869_17085610.jpg


d0347869_17080757.jpg




[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-08 17:18 | アート | Comments(0)

ペルティナンス(パリ7区)Pertinence Paris 7eme

06 septembre 2017

Enfin a Pertinence.

Cape est top, sole est genial. Je me suis regalee.

Bravo Ryunosuke & Kwen👏

二日続けて、長野出身オーナーシェフのお店でご飯。昨日の小林圭くんは諏訪、今日の内藤隆乃介くんは茅野。長野万歳😊

d0347869_17481462.jpg

シーズン初のセープはペルシヤード。味も香りも食感も抜群で、アンチョビが小気味よいアクセント。舌平目のムニエルは、表面の焼き加減、最高。バターがっつり、風味しっかり、まろやか風味のシャンピニオンまで含め、懐かしいムーリス時代のヤニックの香りがして、素敵においしい。


d0347869_17480941.jpg
d0347869_17481981.jpg
d0347869_17482634.jpg
d0347869_17483141.jpg

隆乃介くんは、アラン・ソリヴェレスとヤニック・アレノという、実力派二人にじっくり学んでいる。はじめて会ったときは、10年以上前。まだ19か20歳くらいだったんじゃないかな。タイユヴァンの厨房で、クリクリ頭で可愛かったなあ。

ガストロノミーを愛し、ガストロノミーをしっかり継承している隆乃介くん&クウェンに拍手。

とっても美味しかったです、ごちそうさまでした💕

d0347869_17474924.jpg
d0347869_17475443.jpg


https://www.restaurantpertinence.com



[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-07 17:50 | | Comments(0)

レストラン・ケイ(パリ1区)Restaurant Kei Paris 1er

05 septembre 2017

Coucou Kei, j’ai faim!
Pour ce 34eme repas chez Kei, cochon Bellota en tataki était top des tops💕
Merci et a très vite, j’espère.
ボンソワ、圭くん。お腹すかせて来たよー。美味しいもの、食べさせて♪
カーテンモチーフをイメージした、新しいデコレーションプレートとパン皿がとても素敵。他にもいくつか新作食器が登場してる。ヴァカンス明け、新しいシーズンが始まった、って感じねー。
d0347869_17311675.jpg
カヴィア&エビ、いつものサラダ、久しぶりのフォアグラ、定番スズキ、お馴染みラングスティヌに続き、新作のベジョータ豚のタタキ。
d0347869_17312793.jpg
d0347869_17313759.jpg
d0347869_17314726.jpg
d0347869_17315308.jpg
d0347869_17320347.jpg
d0347869_17320823.jpg
d0347869_17321523.jpg

香りも味も食感も、おぉぉ!?こんなイベリコ豚、食べたことない。ベジョータハムの魅力がムンムンと肉の中に投影されている。すごいなぁ、これ。
d0347869_17322172.jpg
圭くん自らマドリッドまで選びに行く170日熟成のガリス牛は、見事な熟成香で安定のおいしさ。スペインの美味なる肉たちを堪能する夜。
d0347869_17324470.jpg
d0347869_17322797.jpg
d0347869_17325057.jpg
d0347869_17325692.jpg
d0347869_17330843.jpg

34回目のごちそうさま!アビアント、圭くん。
d0347869_17332477.jpg
d0347869_17331641.jpg




[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-06 17:35 | | Comments(0)

ル・ガブリエル(パリ8区)Le Gabriel a La Reserve Paris 8eme

04 septembre 2017

Diner d’anniversaire accompagnee de jolis vins de Mr Michel Reybier. C’est la fete🎉
ワイン界の重鎮ミシェル・レィビエ氏が手がける美酒たちをお供に、お誕生会
青山フラワーマーケットで作ってもらったブケを抱えて、美しき館ラ・レゼルヴ・パリにレッツゴー。
d0347869_23111583.jpg

プレゼントの
乾杯のシャンパーニュは、エレガントでふくよか。鳩とともにやってきたコス・デストゥルネル(昔々、素晴らしいコスに出会ったことがあり、以来大ファン。でもめったに飲めない、、)2002は、すでにかなりいい熟成香をまとってる。
d0347869_23121611.jpg
ラ・レゼルヴ・パリのガストロノミーダイニング「ル・ガブリエル」は、オープン1年目で2つ星を取った。シェフのジェロームは、ルカ・カルトンでも2つ星の雇われシェフだったし、その前はランブロワジーの肉シェフとして大活躍していたので、こういう評価を獲得できるのね。
d0347869_23105874.jpg

d0347869_23110370.jpg
d0347869_23112767.jpg
d0347869_23114480.jpg
d0347869_23115097.jpg
d0347869_23120300.jpg

夜のル・ガブリエルは初めてで、陽光あふれる昼もいいけど、キャンドル揺らぐシックでエレガントで秘めやかな雰囲気も素敵。
d0347869_23113802.jpg
d0347869_23121142.jpg
https://www.lareserve-paris.com/en/luxury-hotel/presentation/restaurants-and-bars/restaurant-le-gabriel/



[PR]



# by yukinokano2 | 2017-09-05 23:17 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索