Paris Gourmand パリのおいしい日々2

カフェ・プーシキン・マドレーヌ(パリ8区)Cafe Pouchkne Madeleine Paris 8eme

28 novembre 2017

Joyeuse (avant) ouverture, Cafe Pouchkine Madeleine
カフェ・プーシキン・マドレーヌ、オープンおめでとう
d0347869_00265971.jpg
d0347869_00263412.jpg
d0347869_00270425.jpg

Sublimes patisseries de Nina Metayer, Croque madame trop mignon et bon, et le décor beau comme tout.
Ce salon de the/patisserie deviendra un vrai icon sur la place de la Madeleine qui devient une véritable place “delicieuse” avec Senderens, Patrick Roger, Maison de la Truffe, Caviar Kaspia, Fauchon….
Bon ouverture au 30 novembre, Cafe Pouchkine! Tu me manques dans Saint-Germain mais je traverserai la Seine pour te savourer dorénavant.
🎉ロシア帝国最盛期のリュックスとフランス菓子が美し融合したカフェ・プーシキン。6年位前にプランタンデパートにできてからパリに数軒オープンしていたけど、この度、マドレーヌ広場の角地に、大きなパティスリー&サロンドテを誕生させた。30日がグランドオープンで、今日は発表会。
この春からシェフ・パティシエールに就任したニーナは、ムーリスでカミーユの薫陶を受け、ピエージュの店で頭角を現して”今年のシェフパティシエール”などに選ばれるなど、今大注目の美人パティシエールちゃん。カミーユのラボにいた頃、すごく可愛かったのを今も覚えている。
ピエージュの店でのデセールも美味しかったけど、カフェ・プーシキンでのパティスリーもさすが。定番に加えた彼女の新作群は、メゾンのエレガントリュックスな雰囲気をしっかり守りつつ、繊細でキメの細かい味や食感。ショコラ、赤い果物のパヴロヴァ(パヴロヴァはすっかりパリのスターお菓子になった)、マトリョーシュカ形のマンダリンムース、どれも拍手。
食事は、ロシア系料理とフランス系料理の両方があるそう。今日は、サーモン&ブリニのクラブハウスサンドと、クレムリン型のクロックマダムをいただく。卵白をメレンゲにしたてた軽やかなクロックマダムが見た目も味も秀逸。
d0347869_00265127.jpg
d0347869_00285711.jpg
d0347869_00292454.jpg
d0347869_00291817.jpg
d0347869_00291341.jpg
d0347869_00295767.jpg
d0347869_00301309.jpg
d0347869_00301991.jpg

d0347869_00302508.jpg
d0347869_00303078.jpg

食べ物、場所、雰囲気そろってよし。大人気になるでしょうね。サンジェルマン店がなくなったのは残念だけど、これからは川渡って、ニーナのお菓子や大好物のピロシキを買いにこよう。
マドレーヌ広場は、サンドランス、パトリック・ロジェ、フォション、メゾン・ド・ラ・トリュフ、カヴィア・カスピアなどが連なり、すっかり”美味しい広場”になったね。
d0347869_00272673.jpg
d0347869_00271026.jpg
d0347869_00271626.jpg
d0347869_00290764.jpg
http://cafe-pouchkine.fr





[PR]



by yukinokano2 | 2017-11-29 00:32 |

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索