Paris Gourmand パリのおいしい日々2

カテゴリ:食( 532 )




ラ・メランダ(ニース)La Merenda Nice

06 avril 2018

Le premier repas a Nice, chez Dominique Le Stanc, obligatoire😋
Sardine farcie, Stockfish et Banon. Impecable, comme d’habitude.
ニース最初のご飯は、週末にかからない限り必ず、ドミニク・ル=スタンのラ・メランダ。
d0347869_00422510.jpg

一年ぶりのサーディンファルシ(優しいお味)、3ヶ月ぶりのストックフィッシュ(滋味深い味ってこういうこと、と食べるたびにしみじみ思う)、1年ぶりのバノンで(この季節になると登場するここのバノン、とろっとろで最高)、完璧ご飯。
ストックフィッシュ売り切れ必須、金曜夜。予約の段階で、取り置いてもらった

d0347869_00424017.jpg
d0347869_00424542.jpg

d0347869_00425820.jpg
d0347869_00425853.jpg
d0347869_00425802.jpg
😋
横は、ベルギーから遊びに来たおばあちゃん&おかあさん&おじょうさんの3世代。食いしん坊話で盛り上がり、ドミニク最高だよね!とみんなでうなづく。
d0347869_00475984.jpg
https://www.lamerenda.net/La_Merenda_Site_Officiel/La_Merenda_Nice.html




[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-08 00:44 | | Comments(0)

ニース旧市街の美味 Delices a Vieux Nice

06 avril 2018

Nice est bon😋
お気に入りのお店たちを巡って、お昼ご飯の買い出し&明日のご飯の下見。

d0347869_00305349.jpg
今日のお昼は、イタリア食材店で手に入れたピストゥ(かなり美味)とパスタ(大好きブランドなのだけど、パリでは滅多に手に入らないのがこの店にはどっさりある)とモルタデラ、おやつにビューニュ。ごきげんに美味!
明日のお昼は、ボンゴレビアンコとピサラディエールにブレットのタルトかしら。ビューニュが素晴らしくおしいので、明日もおやつに買っちゃおう。で、夜は、プチファルスとラヴィオルに、レモンケーキかなぁ。
ニース旧市街、食べたいもの多すぎ😋


d0347869_00312702.jpg


d0347869_00320279.jpg
d0347869_00321104.jpg
d0347869_00322684.jpg
d0347869_00330764.jpg
d0347869_00325286.jpg



[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-08 00:40 | | Comments(0)

バー・ボタニスト@シャングリ・ラ・パリ(パリ16区)Bar Botaniste a Shangri-La Paris 16eme

05 avril 2018

Atelier des cocktails au Bar Botaniste a Shangri-La Paris.
シャングリラ・パリのバー・ボタニストで、カクテル講座。
d0347869_17490070.jpg

”植物学”にゆかりがあるローラン・ボナパルトの館だったホテルのバーにふさわしい名前。その名前通り、植物を強く意識したオリジナルカクテルがたくさん。
エルブ・ド・プランヴァス、オリーヴの蒸留酒、荒野のはちみつ、葉付きレモンなどの香りと、ジン。ホテルのシンボル”蜂”にちなみ、イドロメル、はちみつ、プロポリス、花粉などにコニャック。
グラスがそれぞれ、オリーブの木のすり鉢、蜂型のオブジェ。味だけじゃなくて器もチャーミング。
d0347869_17490707.jpg
d0347869_17491470.jpg
d0347869_17493428.jpg
d0347869_17494144.jpg
d0347869_17475759.jpg

カクテル、好き
d0347869_17481541.jpg
d0347869_17495840.jpg
http://www.shangri-la.com/fr/paris/shangrila/dining/bars-lounges/le-bar/


[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-07 17:52 | | Comments(0)

ラベイユ@シャングリ・ラ・パリ(パリ16区)L'Abeille a Shangri-La Paris 16me

04 avril 2018

Diner “vive le primtemps!” a L’Abeille a Shangri-La Paris.💕
春の到来を祝すディナー@シャングリラパリの「ラベイユ」で。
日が長くなった。ディナーのスタート時間に、この青空は嬉しい。もう少しすると、この庭はオールドローズの香りで包まれる。
d0347869_20435213.jpg
d0347869_20441824.jpg
d0347869_20440067.jpg

Tarte aux asperges (top!), grenouille (cuisse et mollet, le bouillon est succulant), araignee de mer (le mariage avec des carottes est fantastique), petit épeautre & les trio de printemps, cochon (tete & poitrine, quel délice!) de la ferme Kervil Avel, rhubarbe et miel bien sur.
風味たっぷりアスパラガスタルト。ハシリのカエルさんのももとふくらはぎ(ふくらはぎと一緒のカエルブイヨン、最高)。夏を予感させるクモカニは、オレンジと生姜の香りと一緒に甘味凝縮。プチ・エプートルには、グリーンピース・アスパラガス・モリーユの春トリオがたっぷり。ブルターニュ地方の大好きシェフオリヴィエ・ブランが、この店のシェフクリストフ・モレに勧めたブルターニュの小さな農家が、週に3匹だけ育てる仔豚は、腿、ブーダン、そして頭もサラダ仕立てで、どれも見事。サヴォワ、ロワール、ジュラのフロマージュをつつき、ルバーブとはちみつのおやつで、春の香り満載のディナーを満喫。
d0347869_20440617.jpg
d0347869_20442454.jpg
d0347869_20442946.jpg
d0347869_20443903.jpg
d0347869_20444569.jpg
d0347869_20450026.jpg
d0347869_20450936.jpg
d0347869_20451817.jpg
d0347869_20453022.jpg
d0347869_20454340.jpg
d0347869_20455079.jpg
d0347869_20455684.jpg
d0347869_20460961.jpg
d0347869_20462037.jpg
d0347869_20465336.jpg

A Spoon, a ADPA, a Lassere et ici, depuis toujours je suis une fun de la cuisine de Christophe Moret qui a appris la cuisine aupres de MES cuisiniers adores comme Bruno C. ou encore Jaques M.
Cuisine, service et ambience, tout me plait ici.
クリストフ・モレの料理は、スプーン、ADPA、ラセール、ラベイユ、どの時代もずっと好き。彼の師匠リストには、アラン・デュカスはもちろん、ブルノ・シリノ&ジャック・マキシマンという昔から惚れきっている二人のシェフの名前も。そう思うと、クリストフの料理が好きなのは当然。
d0347869_20464484.jpg
ワインは、ロデレール12から始まり、シレックスの香りたっぷりのグラマーなサンセール、ルーロのムルソー、赤はラングドックのモンカルム、おやつには、ミュスカ・ド・ボーム・ド・ヴニーズ(オールドローズの香り満載で素晴らしい)とシシリアの遅積みヴァンドパイユ(リッチさの中の苦味が絶妙で傑作)で、どれも素敵なマリアージュ。
d0347869_20445205.jpg
d0347869_20453690.jpg

d0347869_20461449.jpg
d0347869_20463093.jpg
d0347869_20463625.jpg
Bravo, merci et a bientôt, j’espère
ご機嫌なご飯、ジョゼフ率いる柔らかなサーヴィス(去年ここにいたジョゼフ越えのハンサムサーヴィスマンは、NYに移ったそう。NYで女性達をざわつかせているんだろうな)、シックラグジュアリーな雰囲気。
食と猫の話題で盛り上がりながら、春を味わう夜。
d0347869_20465970.jpg
d0347869_20470842.jpg
http://www.shangri-la.com/fr/paris/shangrila/dining/restaurants/labeille/menu-wine/



[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-05 20:53 | | Comments(0)

アトリエ・ソバ(パリ11区)Atelier Soba Paris 11eme

04 avril 2018

Dejeuner "soba", nouille de sarrasin, fraichement faite par des français.
Soba devient plus en plus populaire en France. Beaucoup de possibilité pour la utilisation de la cuisine française aussi.
Délicieux & Bravo, Olivier & Berenger 🎉
フランス人が打つ生そばで、お昼ごはん。スモークサーモン、オリーヴオイルとめんつゆで味付ける、フランス風。んまっ!オリーヴオイルと鴨脂で揚げ焼きしたそばもオツ。
そばをすすりながら(みんなフランス人なので、ちょっと遠慮して、すするというより噛みながら)、日本通のフランス人たちに日本事情を教えてもらう午後。
パリで打ちたて生そばを買える時代。日本でだってなかなか買えないのに、すごいなぁ&嬉しいなぁ。秋の新そばの時期が今から楽しみ♪
d0347869_23125066.jpg
d0347869_23125578.jpg
d0347869_23130515.jpg
d0347869_23131314.jpg
d0347869_23124401.jpg
d0347869_23123937.jpg
http://atelier-soba.com


[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-04 23:16 | | Comments(0)

アナイ(パリ3区)Anahi Paris 3eme

03 avril 2018

Déjeuner chez nouveau Anahi.
De-li-cieux, cotes tapas, cote viande, et le dessert aussi!!
新生アナイで、肉ランチ🍖
アナイは、アルゼンチン牛肉を売りにした、パリの牛肉レストランの殿堂だった。今でこそ、牛肉専門店がたくさんあるけど、当時はここくらいだったんじゃないかな。雰囲気よくってショービズ系がたくさんくる、食べる&見る&見られるな場所だった。
数年前、ジューヌ・リュに入ったけどプロジェクトがコケて、しばらく閉店していたのが、去年、フランス&モナコにおける牛肉取引(神戸牛は彼が100%仕切ってる)のボスにより、見事に再生した。
昔1〜2度行った事があるけど、すごく久しぶり。懐かしい店内の雰囲気は変わらず、奥のバーカウンターだけ新しくなった。
d0347869_03540663.jpg
カルトには、南米風タパスたっぷりと、南米やアメリカの牛肉たち。
神戸牛をスペインで熟成させたハム(脂の状態がすばらしく、泣ける味。ベジョータハムを食べるのと近い感覚)、鹿児島牛とワカモレのトスタダス(チリ白ワインのつまみに最高)、マグロ入りワカモレ、スズキのセヴィーチェフランボワーズ風ソースを、楽しく美味しくお腹に収めたのち、アメリカ産ブラック・アンギュスのentrana(日本語だとハラミらしい)。
d0347869_03533273.jpg
d0347869_03535293.jpg
d0347869_03524329.jpg
d0347869_03535886.jpg
d0347869_03534145.jpg

穀物を120日食べせていて、柔らかく風味が強く脂がしっかり乗っていて、ジューシーで旨味が口中に広がる。チミチュリなどもソースとして用意されているけど、何もいらない。

ワインは、アルゼンチンはメンドーサのマルベック。最近仲良くしているカオールの、ここはライバル。典型的なカオールに比べ、ワントーン軽やかに感じる。付け合わせはピュレで、レモン風味やチミチュリ風味。ピーマン入りをチョイス。
d0347869_03552266.jpg
d0347869_03552830.jpg
d0347869_03525094.jpg
d0347869_03551307.jpg

おやつは、ショコラのスフレ。付け合わせは、ピスタチオじゃなくて緑ピーマンのアイスクリーム。香り高くて、熱々ショコラのいい口直し。
料理とお菓子、シェフたちの話題で大いに盛り上がりながら美味しい肉たちを頬張る午後。
d0347869_03565465.jpg
d0347869_03553959.jpg
d0347869_03550579.jpg
http://www.anahi-paris.com



[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-04 03:57 | | Comments(0)

フン・イエン(パリ5区)Hung Yen Paris 5eme

30 mars 2018

Restaurant vietnamian sympatique & familial. Très repute dans le quartier.
入った瞬間、そこはヴェトナムの下町食堂。(行ったことないけれど、想像で。)みたいな雰囲気の、ご近所さんたちで賑わうヴェトナム料理店。友達が前から気に入っていて、ようやく連れて来てもらえた。
気取らない料理は、どれもほっこりとおいしい。フォーのスープと麺、ラヴィオリの皮に拍手。
壁のアートに、妙に心惹かれる。
今度は4人くらいで来たいねー。
d0347869_21400133.jpg
d0347869_21401263.jpg
d0347869_21400612.jpg
d0347869_21401896.jpg
d0347869_21402311.jpg
d0347869_21403010.jpg
d0347869_21403982.jpg
Hung Yen
265 rue Saint Jacques 75005 Paris



[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-01 21:43 | | Comments(0)

ブーランジュリー・ブルノー・ソルケ(パリ5区) Boulangerie Bruno Solques Paris5eme

30 mars 2018

Faut aimer ses pains, moi j’aime beaucoup.
パリを随一の、個性派パン屋さん。
d0347869_21340580.jpg

甘めの天然酵母で、あまり膨らまない、ミシッとずっしりした食感が特徴的な、パン、パン、パン。ヴィエノワズリーも、パン的で、実に雄々しい。
こういうの苦手、っていう人もいるでしょうね。でも、マニアの間で彼のパンは大人気。私たちがあれこれ迷っている間も、どんどんお客様が入ってくる。猫さんがいるはずなんだけど、顔見せてくれなかった、、。
ブレットのトゥルト発見、ピサラディエールっぽいタルトもフルーロドランジェのブリオッシュもある。出身、コートダジュール?と尋ねると、やはりニース。
大好きシリアルのコラザン(カミュット)のパン、レーズンぎっしりセーグルパン、クグロフに見えないクグロフ、オレンジフラワーブリオッシュ(パンに近い)をゲット。
d0347869_21335863.jpg
d0347869_21343157.jpg
d0347869_21342236.jpg
d0347869_21344036.jpg
d0347869_21355545.jpg

カトルオム行って、ポン・レヴェックとゴルゴンゾーラ・ドルチェ買って、早速パン&フロマージュランチ
https://www.facebook.com/BoulangerieSolques/

[PR]



by yukinokano2 | 2018-04-01 21:37 | | Comments(0)

ボー&フォール(パリ9区)Beau & Fort Paris 9eme

28 mars 2018

Soiree d’inauguration de Beau & Fort. A la fois boutique et restaurant.
Ca sent trop bon, ici.
新しいフロマージュショップ&レストラン、”ボー&フォール”がオープン。
ボーフォールっぽいチーズ(ボーフォールには気泡はない)を持ったボー(ハンサム)でフォール(強い)お兄さんが、店のロゴ。
d0347869_21051765.jpg
d0347869_21051717.jpg

アヌシーのMOFフロマジェがセレクションなどの監修をしているそう。
どれもこれも、とても状態よさそうで、すごぶる美味しそう。味見した中では、ベリー地方のヤギのクロタンが、まろやかでクリーミーで一番気に入った。
d0347869_21051565.jpg
d0347869_21051658.jpg
d0347869_21051662.jpg
d0347869_21051624.jpg
d0347869_21051644.jpg
d0347869_21051633.jpg
d0347869_21051728.jpg

見るからにとろっとろの完熟ルブロションを、今度買いにこよう。
ボーフォール、コンテ、グリュイエール、アベイ・ド・シトー、ラミ・ド・シャンベルタン、マンステール、ポン・レヴェック、リヴァロ、バノン、、、。好きなフロマージュは山ほどあれど、どれか一つだけ、と言われたら、ためらうことなくルブロションと答える
d0347869_21082245.jpg
d0347869_21072690.jpg
https://www.beauetfort.com



[PR]



by yukinokano2 | 2018-03-29 21:10 | | Comments(0)

あお(パリ9区)Ao Paris 9eme

27 mars 2018

Dejeuner a la japonaise a Ao, nouveau Izakaya (=bar a tapas au Japon) a Paris.
Très agréable, je veux revenir au soir. Merci chef Nanaumi!
去年誕生した居酒屋「あお」でランチ。
レピュブリックにあったフランス料理店「セッテン」の七海シェフがシェフ!ご無沙汰していました、七海シェフ。
ヴォリューム満点お弁当をおいしくつつき、IWCの(International Watch Companyじゃなくて、International Wine Challengeね。時計の仕事してると、IWC=ウォッチメーカー(笑)。)酒部門でチャンピオンになった鍋島大吟醸をおいしくすすり、フランス料理と和食の歴史や文化話に花を咲かせる昼下がり。
今度は、七海シェフのアラカルト料理を食べに、夜に来たいな♪
d0347869_02300505.jpg
d0347869_02301364.jpg
d0347869_02302614.jpg
d0347869_02303147.jpg
d0347869_02304343.jpg
d0347869_02295762.jpg
http://aoizakaya.com



[PR]



by yukinokano2 | 2018-03-28 02:32 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索