人気ブログランキング |

Paris Gourmand パリのおいしい日々2

<   2017年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧




ル・プレ・ヴェール(パリ5区)Le Pre Verre Paris 5eme

22 juillet 2017

Diner au Pre Verre.
ル・プレ・ヴェールでディナー。
d0347869_05092328.jpg
d0347869_05083578.jpg
Cuisine frais, gentille, naturelle et très produit.
Avec l’ambiance et le service aussi gentil que la cuisine, on a passe une très bonne soirée. Merci Jean-Francois et son equipe!
すっごく久しぶり。10年以上前に、ご飯に来たり取材もしたっけ。あの頃は、スパイスとジビエが得意なレストランだったね。今のオーナーになってから、より食材のよさをナチュラルに見せる料理になったそう。
確かに。タコサラダのポトフ仕立ては、柔らかな味付けで、タコはもちろん、ニンジン、ポワロー、ウイキョウなど冷製ポトフの野菜一つ一つの味をしみじみ感じられる。味見させてもらった、トロトロなす&シェーヴルチーズ入りラヴィオルも優しい味で、パリッ&トロッの食感がいい感じ。名残りのアニョー、そしてアプリコットのロティ&ローズマリー蜂蜜アイスクリームと続く、夏らしいディナーを満喫。
どの料理も、丁寧に作っているのがよくわかる。3皿基本33ユーロは、お値打ちさん。
オペラ&バレエ友達と、今シーズンの反省&来シーズンの展望を夢中で語らう、美味しく楽しいソワレ。
d0347869_05085230.jpg
d0347869_05084764.jpg
d0347869_05090345.jpg
d0347869_05090958.jpg
d0347869_05091778.jpg
http://www.lepreverre.com/index.php/fr/








by yukinokano2 | 2017-07-24 05:11 |

ル・バー・デ・プレ(パリ6区) Le Bar des Pres par Cyril Lignac Paris 6eme

21 juillet 2017

Drôlement bien, ce bar!
Des sushis sont bons mais c’est surtout d’autres plats qui m’ont vraiment plus. Tomates au Miso, Galette aux tourteau&avocat, Boeuf Wagyu en carpaccio a Ponzu, Thon Chu-tro mi-cuit….
Je veux venir ici une fois par semaine.
サン=ジェルマン・デ・プレの中心地ドラゴン通りは、ビストロ、バー、そしてこの間はショコラトゥリーもオープンし、すっかりシリル・リニャック通りになりつつある。シリルの会社もこの道に引っ越してくるし、そろそろ通りの名前をリニャック通りに変えたほうがいいかな?
今日は、ようやくル・バー・デ・プレを訪問。昨年秋のオープンからずっと来たかったのだけれど、なかなか来られなかった。
d0347869_18052818.jpg
d0347869_18053890.jpg

バーという名前だけど、和食ベースのレストランで、カクテルが充実している店。とはいえ、カクテルは夜だけで、今日は残念ながらワインで乾杯。
日本のすし職人さんが握る鮨はなかなか美味、トロにとろけた〜。
料理はかなり素敵。さっくりガレットをぎっしり覆うカニ&アヴォカド、中トロのミキュイにラディッシュ、ワギュウのカルパッチョにポン酢やわさび、トマト&アヴォカドにごま味噌ソース。和のエスプリを小気味よく効かせたオリジナルの料理たちに舌鼓。味がしっかりしているので、カクテルのつまみにも最高でしょうね。今度は夜に来よう。
d0347869_18060291.jpg
d0347869_18061079.jpg
d0347869_18061733.jpg
d0347869_18062564.jpg
d0347869_18070793.jpg
d0347869_18071843.jpg
d0347869_18065500.jpg
d0347869_18072663.jpg
Bravo Cyril! Contente que tu soie plus en plus dans cette rue, pas loin de chez moi.
シリルの店は、ガストロノミー(15区)もビストロ(11区とこの店の横)もパティスリー(パリに3〜4軒)もショコラトゥリー(11区とこの店のお向かい)も全部大成功していて、ほんとすごいね。
素敵なバーを作ってくれてありがとー、シリル。ご近所で顔見られる機会が増えて嬉しいな。
d0347869_18073307.jpg
http://www.lebardespres.com/fr/accueil/







by yukinokano2 | 2017-07-23 18:13 |

ジャルダン・ディヴェール@オテル・ド・クリヨン(パリ8区)Jardin d'Hiver de Hotel de Crillon Paris 8eme

20juillet 2017

Bonjour des nouvelles pâtisseries de Jerome😊 Vous m’avez manque pendant plus de 4ans.
Tarte aux fraise de bois, joliment bon mais celui qui me donne des frissons au dos est Concorde, biscuit chocolat & mousse/creme chocolat. Simple mais quel texture et quel gout/saveur!!! Une petite pâtisserie qui m’a donne tant de sensation, vraiment exceptionnel! La meilleure sensation sucrée de cette année, jusqu’a maintenant. Bravo, bravo et encore bravo, Jerome!
A très bientôt, mon très cher Concorde-chocolat💕
7月1日のオープニングソワレぶりのオテル・ド・クリヨン。あの夜は、ほんっと最高だったな〜。
改めて見るクリヨン、本当に美しい内装。デザイン全体も素敵だし、一つ一つのディテールも完璧。ジョルジュ・ヴェルダの花デコも、もちろん文句なし。前のクリヨンが懐かしいけど、今のクリヨンも大好きだ。5日の正式オープニング以来、客室も4つの食空間も、ほぼほぼ埋まっているそう。そりゃそうでしょうね。
サロン・ド・テのジャルダン・ディヴェールで、ジェローム・ショセスのお菓子たちにボンジュー
d0347869_00425438.jpg

ジェロームは、改装前にも素敵に美味しいデザートやパティスリーを作ってくれていた。改装中にMOFタイトルを取り、その実力は折り紙つき。
ジャルダン・ディヴェールでいただけるパティスリーたちは、シルヴァープレートに乗せられ席までやってきて、プレゼンされる。ほんとは、全部!と言いたいところだけれど、来週は人間ドックだし、とぐっと我慢し理性を働かせ、二つだけチョイス。
フレーズデボワのタルトは、味も姿もチャーミング。これも十分美味しいけど、感動したのが、コンコルドと名付けられたパティスリー。
ホテルが面するコンコルド広場の形を模した(のだと思う)楕円形のごくシンプルなフォルム。3つ味があるなかから選んだショコラが、とてつもない美味しさ。薄いショコラビスキュイの上に、2種類のショコラムース、表面グラサージュ。パティスリーではありえない、アシエットデセールでだってなかなかお目にかかれないような、感動的に軽い口どけのクリーム。香り高い風味と味。ムースとビスキュイの温度とテクスチャーの絶妙なバランス。一口食べて、背中がゾクゾクッとして、感覚が覚醒する。久しぶりだ、お菓子でこんな感動を味わうのって。
すごいよジェローム、すごすぎる!今度は、他の味のコンコルドを食べるね。でも、このショコラ味のコンコルドは完全私のマストお菓子になった。毎回ここに来るときは、この子+なにかほかの子、になること間違いなし。
はぁ、おいしかった

d0347869_00432731.jpg
d0347869_00431833.jpg
d0347869_00430232.jpg
d0347869_00433979.jpg
https://www.rosewoodhotels.com/fr/hotel-de-crillon/dining/Jardin-d-Hiver








by yukinokano2 | 2017-07-22 00:46 |

クリスチャン・ディオール展@装飾美術館(パリ1区)Christian Dior, couturier du reve a Musee des arts decoratifs Paris 1er

20 juillet 2017

A ne pas manquer a tout prix. Extraordinaire!!
”クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ”。メゾン創立70周年を記念した、極上の回顧展。
d0347869_00145995.jpg
d0347869_00262478.jpg

ムッシュディオールから始まり、イヴ・サン=ローラン、マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、ジョン・ガリアーノ、ラフ・シモンズ、そしてマリア・グラツィア・キウリが表現する、メゾンのエレガンスが一堂に会して圧巻。どのデザイナーもいいけれど、やっぱりムッシュディオールが描いたラインが際立って美しい。彼は詩人だったんだなぁ、としみじみ。わずか10年ほどの短い期間に彼が産み出した、あふれんばかりの美を目の前に、心が震える。
300点以上ものオートクチュールを始め、アクセサリー類や写真、映像なども含めると、とんでもない数の展示品。一つ一つが素晴らしく、質感がみっしりある感じで、見るのも大変。
d0347869_00170690.jpg
d0347869_00222551.jpg
d0347869_00224654.jpg

d0347869_00190159.jpg
d0347869_00185549.jpg


ざっくり二つのスペースに分かれていて、最初はレトロスペクティヴな感じで、メゾンの歴史を振り返る。
d0347869_00150619.jpg
d0347869_00165857.jpg
d0347869_00173941.jpg
d0347869_00175623.jpg
d0347869_00180048.jpg
d0347869_00181091.jpg
d0347869_00181964.jpg
d0347869_00182400.jpg
d0347869_00193554.jpg
d0347869_00194166.jpg
d0347869_00194869.jpg
d0347869_00200088.jpg
d0347869_00200936.jpg
d0347869_00202154.jpg
d0347869_00203265.jpg
d0347869_00211383.jpg
d0347869_00205353.jpg
d0347869_00210756.jpg
d0347869_00210285.jpg
d0347869_00213828.jpg
d0347869_00215093.jpg
d0347869_00220665.jpg

後半は、ブティックやアトリエ、そしてデフィレの世界観をたっぷり喚起する構成。
歴代デザイナー別に展示された作品集も、各人の個性が出ていて面白い。
d0347869_00231874.jpg
d0347869_00232358.jpg
d0347869_00232979.jpg
d0347869_00235259.jpg
d0347869_00235906.jpg
d0347869_00241055.jpg
d0347869_00244910.jpg
d0347869_00250576.jpg
d0347869_00251158.jpg
d0347869_00251715.jpg
d0347869_00253260.jpg
d0347869_00252734.jpg
d0347869_00253864.jpg
d0347869_00254696.jpg
d0347869_00255210.jpg
d0347869_00255835.jpg
d0347869_00260345.jpg

会場の装飾美術館始まって以来の全館3000㎡を使った、超巨大なエクスポジション。普通の充実したエクスポの、3倍近い充実度。今日は2時間くらい見て回って、へとへと、でも感動の極み。セノグラフィーが本当に上手で、音やライティングも含め、スペクタクルとしての楽しさもものすごくレベル高い。1日いても飽きないでしょうね。
ありえないような素晴らしい内容の企画展。誰が仕掛けたんだろう、と気になる。装飾美術館?ちがうよね、メゾン・クリスチャン・ディオール?うーん、そうかもしれないけど、この、来場者を驚かす大規模な仕掛けというか演出は、どうもベルナール・アルノーっぽい匂いがするんだよなぁ。いずれにしても、こんなすごいものを見せてくれて、感謝感謝。
1月までやっているので、あと何度か来て、今度は少しずつ、じっくり見て回ろう。
d0347869_00261096.jpg
d0347869_00261735.jpg
http://www.lesartsdecoratifs.fr/francais/musees/musee-des-arts-decoratifs/actualites/expositions-en-cours/mode-et-textile/christian-dior-couturier-du-reve/








by yukinokano2 | 2017-07-22 00:29

ノワールムティエ島の思い出 Souvenir de Noirmoutier France

18-19 juillet 2017

フランスの西の果て、ノワールムティエ島へ。
ジャガイモ、塩、海の幸が自慢のこの島に初めて来たのは、10年ちょっと前かな。今回が4回目。フランスの島のなかで一番来ているのが、ここだね。
大好きシェフと過ごすかたわら、かわいこちゃん猫のカプサンに再会してなでまくり、ヴェルヴェーヌを摘み(うちで飲むヴェルヴェーヌは、この庭から来たものが多い)、水鳥を眺め、ひよこを抱っこし、ジャガイモを収穫し、塩を舐める。
d0347869_23471651.jpg
d0347869_23553423.jpg

お土産は、特産の塩と、こちらも特産の美味しいバターをたっぷり使ったサブレをたっぷり。あとは、ヴァンデ県特産のメロンと、島で育ったトマト。塩が重くて死ぬかと思った。
このサブレを売っているブーランジュリーは、ノワールムティエのフルールドセル入りバゲットと作っていて、今回は買わなかったけど、これも美味。
d0347869_23532644.jpg
d0347869_23533579.jpg
d0347869_00003911.jpg





by yukinokano2 | 2017-07-22 00:01 | その他

チュイルリー公園の移動遊園地(パリ1区)Fete foraine au Jardin des Tuileries Paris 1er

17 juillet 2017

Apres le chic aperitif dans un palace, fete foraine😆💓😆
マンダラン・オリエンタル・パリでの優雅なアペリティフからの、移動遊園地〜😆 
d0347869_18433494.jpg
d0347869_18430933.jpg
d0347869_18432190.jpg

空中ブランコ、子供の頃から大好き💓 
ルーヴル美術館、ル・ムーリス、コンコルド広場とエッフェル塔、そしてチュイルリー公園を、ぐるぐるしながら楽しめる、この空中ブランコ、ほんと最高♪ 景色も風も気持ちいいね〜。
d0347869_18444066.jpg
d0347869_18440909.jpg
d0347869_18442766.jpg
d0347869_18445648.jpg








by yukinokano2 | 2017-07-19 18:46 | その他

ザ・レッド・ガーデン@マンダラン・オリエンタル・パリ(パリ1区)The Red Garden a Mandarin Oriental Paris

17 juillet 2017

The Red Garden signe par Christophe Gautrand & cocktails base de Tanqueray.
Dans une ambiance a la fois naturelle et designe, avec de bons cocktails éphémères, très bonne l’heure d’appétit. Jusqu’au 16 septembre.
ランドスケープデザイナーのクリストフ・ゴトランが、マンダラン・オリエンタル・パリのテラスバーをデザイン。木や紐を多用したナチュラル&デザインなテラスで、小鳥たちを愛でながら、タンカレージンをベースにしたスペシャルカクテルでのんびりアペリティフタイム。
d0347869_18343408.jpg
d0347869_18334873.jpg
d0347869_18340260.jpg
d0347869_18344746.jpg
d0347869_18341402.jpg
d0347869_18342354.jpg
d0347869_18351565.jpg

昼間はアチアチだったけど、この時間は風が涼やかで心地いい。夏のテラスはいいなぁ。
ゴトランのデザイン&スペシャルジンカクテルは、9月16日まで楽しめる。
d0347869_18350385.jpg
http://www.mandarinoriental.com/paris/






by yukinokano2 | 2017-07-19 18:37 | アート

カトーズ・ジュイエの花火大会(パリ)Fete de 14 juillet 2017

14 juillet 2017

7月14日は、国の祭日。フランスでは、日付そのままに”カトーズ・ジュイエ”と呼ばれる。日本はなんで”パリ祭”なのかしら?パリだけでなく国全体がお祭りなのに。映画のタイトルのせいだよね。
d0347869_01391603.jpg

今年も、友人宅にて花火鑑賞。
まずは、おいしいご飯をいただきながら、暮れゆく西の空を愛でる。日が短くなってきたなぁ。夏至の時は、夕日がエッフェル塔と重なって落ちていたのに。
d0347869_01400202.jpg
d0347869_01395471.jpg

23時、花火スタート。今年のは、オリンピックがテーマだそう。火が織りなす花々、きれいね〜
d0347869_01393717.jpg
d0347869_01390957.jpg
d0347869_01392654.jpg
d0347869_01394656.jpg







by yukinokano2 | 2017-07-16 01:43 | その他

ムミ(パリ1区)Mumi Paris 1er

13 juillet 2017

Bonsoir Thibault & Angelo, les deux anciens de Porte12!
Mumi, restaurant ouvert par Thibault il y a 3mois aux carrefours des musées (Louvre, Beauboug, bientôt de Francois Pinault).
ポルト12のソムリエだったチボーが独立して、ムミをオープン。
ムミ(Mumi)は、NYのミュージアム・マイルにちなんだ店名。この場所は、南にルーヴル美術館、東にポンピドゥーセンター、そしてすぐ北には来年フランソワ・ピノーによる巨大なコンテポラリーアートスペースが誕生する予定で、まさにパリのミュージアム・マイル的な場所になりつつある。
d0347869_19193249.jpg
Beau décor très “galerie d’art”, cuisine très originale (j’ai beaucoup aime celeri/ajo blanco/mure et cardamone/herbes sauvages/wasabi) et accord met/vins ultra intéressant.
Merci Thibault, Angelo, Mathieu et tous. On a passe une belle soirée!
アートギャラリーなイメージの内装は、飾られているものを見るのが楽しい。
NY生まれで世界を旅したギリシア人アンジェロシェフの料理は、アンドレ&ポルト12のイメージをちょっぴり感じさせるイメージ。不思議な組み合わせが絶妙で、根セロリ・にんにく・たまねぎ・ミュールの前菜、カルダモン・ハーブ・ホワイトチョコレート・わさび・アネットのデセールなど、かなり挑戦的、でも大成功。
ガランスからやってきたマチューによる、ブラインドワインペアリングは、かなり面白い。カニとセロリは、カナリア諸島の白(フランスじゃない、というところまで正解)、タラは、ヴァール県の白(プロヴァンス地方、まで当たり)、鴨にはアルゼンチンの赤(フランスじゃなく南の方の国、までで限界、、)、デセールにはワイルドケイパーをベースにコニャック樽で仕上げたジン(蒸留酒でジンっぽい、以外は頭真っ白)。どれもすごく興味深い共鳴を見せてくれてすごく楽しい。
パン用に出てくる南仏のオリーヴオイルもとても美味で、珍しくパンが進んでしまう。南仏に行きたいなぁ。
楽しく素敵な夜をどうもありがとう、チボー、アンジェロ、マチュー&スタッフの皆様。
d0347869_19191260.jpg
d0347869_19193750.jpg
d0347869_19194278.jpg
d0347869_19194849.jpg
d0347869_19195349.jpg
d0347869_19200320.jpg
d0347869_19201185.jpg
d0347869_19202056.jpg
d0347869_19202514.jpg
d0347869_19203629.jpg
d0347869_19204273.jpg
d0347869_19205345.jpg
d0347869_19205840.jpg
d0347869_19210889.jpg
d0347869_19211550.jpg

d0347869_19192381.jpg
d0347869_19190695.jpg
https://www.restaurantmumi.com






by yukinokano2 | 2017-07-15 19:23 |

オペラ座バレエ ドラミング・ライヴ(パリ)Opera de Paris Drumming Live

11 juillet 2017

Le dernier ballet de ma saison a Opera de Paris.
パリ国立オペラ座バレエ、今シーズンラストは、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルのドラミング・ライヴ、オペラバスティーユにて。
チケットが売れていなくて&ケースマイケルが得意でないので&興味なし配役で、全然期待せずに行ったら、思ったよりずっとよかった。
d0347869_00102057.jpg
d0347869_00101246.jpg

Drumming Live de Anne Teresa de Keesmarker. Pas mal. La meilleure pièce d’elle pour moi.A la saison prochaine, Opera de Paris!
舞台上で繰り広げられる、様々なパーカッションが打ち鳴らす、スティーヴ・ライヒのミニマリズム音楽。メロディというものがほぼほぼないシンプルな秩序の中に、なぜか無秩序がそこここに顔をのぞかせる。そしてダンスは、まるで無秩序に見えるのに、くっきりとした秩序が存在している。音楽とダンスの、秩序と無秩序の交わりが、なんとも面白い。
ずっと同じ、なのに、微妙に少しずつ変化が続いていて、60分間飽きずに興味深い。
これが並みの振付家だとあくびがでちゃうでしょうね。さすが、コンテンポラリーダンスの巨匠と言われる一人。今まで見たケースマイケルの中では、一番好きだな。
ドリス・ヴァン・ノッテンによる衣装は、生地の質感がきれい。ケースマイケル&ヴァン・ノッテン&ライヒの組み合わせは、コンテンポラリーダンスの一つの黄金律ね。
オペラ座バレエ、今シーズンもありがとう。9月にまたね。
d0347869_00102828.jpg
d0347869_00095639.jpg
d0347869_00115189.jpg
d0347869_00105057.jpg











by yukinokano2 | 2017-07-15 00:14 | アート

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

検索