Paris Gourmand パリのおいしい日々2

マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団(パリ)Maris Jansons & Symphonieorchester des Bayerische Rundfunks Paris

26 mars 2018

Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks & Mariss Jansons & Denis Matsuev.
Qu’est ce que j’adore/apprecie/adomire ce maestro! Il est vraiment un génie.
Sublime Bernstein et Rasmaninov par Matsuev.
今シーズン一番楽しみにしていた演奏会。最愛の指揮者マリス・ヤンソンス率いる、バイエルン放送交響楽団。シャン・ゼリゼ劇場。
d0347869_23264035.jpg
d0347869_23270836.jpg

4年くらい前に、知り合いに誘われてこのコンビでここで聴いたトゥーランガリア交響曲。演奏会から15年以上も離れてしまっていた私の目を開いて(耳を開いて、ね)くれた感動の夜。これを機に、演奏会の世界に再び戻れた。
以来、パリに来てくれるたびに聞いているコンビ。3年近く前、ベルリン・フィルからプロポーズされる前に、僕には奥さんがいるからと牽制し、コンセルトヘボウとも別れてアムステルダムの人々に涙を流させた巨匠。世界最高の2つのオーケストラをふって、バイエルン放送響を生涯のパートナー(になるんだろうなぁ、お年を考えると)に選んだ巨匠指揮者とこのオケの、相性というか愛し合いぶりったら、素晴らしい。
d0347869_23265102.jpg
今夜は、面白いプログラム構成で、1曲目にシンフォニー。シューマン1番。春を迎える喜びでこれを選んだのかしら。まあまあ素敵だけど、曲自体がどうしてももたつく。やっぱりシューマンはピアノがいい。

アントラクト後、ラスマニノフ”パガニーニのテーマによるラプソディ”。ソリストは、ドゥニス・マツーエフ。マツーエフ、いろんな意味ですごい!
まず、巨大。グランドがおもちゃのピアノに見えるほど大きい。指が太い。ぼってりした、黒鍵なんか無理でしょ、みたいな大きな指が、叩きつけるではなく押し付けるような動きで鍵盤を抑え込む。ペダルの使い方も体の動かし方もおっきくて、ピアノが壊れちゃいそう。音は迫力満点、もちろん弱音より強音がいい。かといって、がさついているわけではなく情緒もしっかりある。ラスマニノフの名曲にぴったり。そしてなにより、まったくミスタッチがない、すごい技術。伊達にチャイコフスキーで優勝してない。
その派手というかダイナミックな音にオケが見事に寄り添って、ピアノが浮かない。これはもう、ヤンソンスの手腕に尽きる。誰もが知っているサビの部分、あまりの感動に震えちゃう。
この手の演奏会では珍しく、ピアノのアンコール。子守歌みたいな優しい小曲に続き、ソフトから始まり最後は強烈なハードで終わる長めのジャズ。このジャズ演奏がまたすごくって、会場大熱狂。この人のリサイタルで、来シーズンのシャンゼリゼ劇場が始まる。聴きたいかも、、、。というか、ジャズコンサートしてほしい。強烈だ、この音。

最後は、バーンスタイン”オーケストルのためのディヴェルティメント”。こういう洒落っ気と迫力を兼ね備えた小気味好い曲も、ヤンソンスは、実に生き生きと華やかに喜び満ちて表現する。
巨匠は、タクトを振り、頻繁に持つ手を変え、手をひらひらさせ、アイコンタクトをし、口ずさみ、時には両手をおろして音を自由に語らせ、めくりすぎたページを元に戻す。微笑み、びっくり目をし、きれいな歯を見せ、口をすぼめ、髪をかきあげ、うっとりと目を閉じ、途中、観客に向けて変顔をする。
最後もアンコール。来シーズンは、この劇場にこのカップルで来ないので、その分も聴かせてくれているのかしら。バーンスタインつながりで、”カンディード”序曲。チャーミングさがこのコンビにぴったりの大好きな曲、嬉しいなぁ。心ゆくまで、大好き指揮者&オケの音に身を委ねる。
セロの1番2番が揃ってハンサムなのに気付いた。ファーストヴァイオリンはほんと上手。大ファンのホルン君の姿がないのが残念。ヴィオラの2番は右足を怪我したのか、靴の代わりにスリッパ履いてる。弦は完璧、木管が気持ち今ひとつだったけど、そんなの気にならないくらい、オケの歌いっぷりにうっとりする。

あぁ、なんて素晴らしいんだろう。出会ったのがあまりに遅すぎ、ヤンソンスの音楽をあと何年聴けるのかわからないけど、一回一回、巨匠の指揮姿と音を、記憶に大切に刻みつけたい。
来シーズンはこの劇場で、ウィーンフィルを振る巨匠。巨匠に導かれるウィンーンフィルの音、どんなかな。
d0347869_23265795.jpg
d0347869_23272496.jpg



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-03-27 23:30 | アート | Comments(0)

ル・クラランス(パリ8区)Le Clarence Paris 8eme

22 mars 2018

La 8eme fois depuis deux ans.
La cuisine, le service, le cadre, l’ambience, les chefs, le salon et les vins (et du beuure, biensur). Tout me plait ici.
Lovin’ you, Le Clarence❤️
初めて訪ねたのは、オープン4ヶ月後のちょうど2年前。今回で8回目。
d0347869_03305782.jpg

d0347869_03305849.jpg
d0347869_03305889.jpg
料理、サーヴィス、内装、雰囲気、シェフたち、サロン、そしてワイン(あ、あと、もちろんバター)。全部が心に響く。
d0347869_03312259.jpg
d0347869_03312231.jpg
d0347869_03312340.jpg
d0347869_03314764.jpg
d0347869_03315459.jpg
d0347869_03320240.jpg
d0347869_03320246.jpg
d0347869_03321581.jpg
d0347869_03321683.jpg
d0347869_03321505.jpg
d0347869_03321633.jpg
d0347869_03323860.jpg
d0347869_03323838.jpg
d0347869_03323997.jpg
ラヴィン・ユー、ル・クラランス





[PR]



# by yukinokano2 | 2018-03-26 03:37 | | Comments(0)

クローヴァー・グリル(パリ1区)Cloer Grill Paris 1er

20 mars 2018

Soirée carnivore🍖
Cote de Boeuf “Black Angus de Kansas” & Entrecote “Noir de Baltique affinee au bois de hetre”.
Vive la viande!
肉会@ジャン=フランソワ・ピエージュのクローヴァー・グリル
d0347869_19273943.jpg


前回食べて感激したオーストラリアのブラック・マーケットのアントルコートに気持ちが揺れるけど、せっかくなので他のものを。
カンザスのブラック・アンギュスのコートと、ポーランド産ノワール・ド・バルティックのアントルコートをチョイス。
炭火でじっくり、くぅぅ~、うまっ!踊っちゃう。ブラック・アンギュスは、シルキーで甘く、ノワール・ド・バルティックは肉汁ぎっしりで芳醇。最高のタンパク質ね。
今度は、またブラック・マーケット、それに春だから、乳飲み仔羊の腿丸ごと焼きも食べたいねぇ。
d0347869_19262181.jpg
d0347869_19263842.jpg
d0347869_19272095.jpg
d0347869_19273196.jpg
d0347869_19274790.jpg
d0347869_19271251.jpg
d0347869_19275536.jpg
お肉、万歳

http://www.jeanfrancoispiege.com/fr/restaurants/Clover%20Grill



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-03-23 19:30 | | Comments(0)

リッツ・パリ、ル・ジャルダン・ドゥ・レスパドン&スイット・ココ・シャネル(パリ1区)Jardin de l'Espadon & Suite Coco Chanel au Ritz Paris

20 mars 2018



Dejeuner en lumiere au Jardin de l’Espadon a Ritz Paris.
太陽のあったかさを感じながら、リッツのジャルダン・ドゥ・レスパドンでランチ。
ハシリのグリーンピース、ウサギのジュレ寄せ、スパイスが香るヒラメ、そして、とろふわショコラのおやつ。
d0347869_00292648.jpg
d0347869_00293987.jpg
d0347869_00294520.jpg
d0347869_00295799.jpg
d0347869_00300950.jpg

d0347869_00291785.jpg

食後は、ココ・シャネル・スイットを見学。スイット入り口に飾られた、カール・ラガーフェルドのデッサン、そして窓越しに見下ろすヴァンドーム広場が素敵。
d0347869_00315681.jpg
d0347869_00315697.jpg
d0347869_00315502.jpg
d0347869_00301734.jpg
https://fr.ritzparis.com/fr-FR




[PR]



# by yukinokano2 | 2018-03-22 00:34 | | Comments(0)

ピエール・マルコリーニ新作発表会@パリ Pierre Marcolini Presentation des nouveautes a Paris

20 mars 2018

Coucou Pierre! Contente de te revoir après notre voyage en Brésil!
Présentation des nouveautés de Pierre Marcolini. Nouveau concept de la pâtisserie, pate aux fruits très chocolatier, guimauve chocolaté que j’ai adore au labo il y a quelques mois et les nouveaux package.Il n’arrête pas a s’évoluer. Bravo!
クク、ピエール!おぉ、短い髪、新鮮。似合ってるよ。
”少しだけカットするのもたくさんカットするのも、値段同じ、っていうから、じゃあたっぷり切って!ってお願いしたんだ”だそう。
d0347869_23440615.jpg
クリスチャン・ディオールが住んでいた館で行われたピエール・マルコリーニ新作発表会は、新ラインナップのキューブ型パティスリー、ホワイトショコラの甘さと果物の酸味をバランスよく組み合わせたショコラティエらしいパートドフリュイ、この間ラボで味見したとき大いに気に入ったふわふわギモーヴのショコラがけ、そして新しいロゴ&パッケージ。
d0347869_23425502.jpg
d0347869_23435759.jpg
d0347869_23431514.jpg
d0347869_23432240.jpg
d0347869_23433173.jpg
d0347869_23423943.jpg
d0347869_23435165.jpg
創業以来のロゴを変えるって、勇気いった?って尋ねたら、全然そんなことはない、常に発展が大切だ、と。トップシェフやトップパティシエたちの、常なる向上心と好奇心に、いつもグッとくる。
昨秋に一緒に旅したブラジルの思い出話に花を咲かせる。
毎日カカオに熱狂しては、夜な夜なカイピリーニャで浮かれ、歌って踊った楽しい旅だったね。今度はインドのカカオ園に行くらしい。
また連れてってほしいなぁ。
d0347869_23434010.jpg
https://eu.marcolini.com



[PR]



# by yukinokano2 | 2018-03-21 23:50 | | Comments(0)

Journal de Yukino KANO, journaliste culinaire.  パリ在住ライター加納雪乃が綴る、フランス食文化を中心にした、おいしい日々の記憶。文章&写真の無断転載禁止。
by yukinokano2
プロフィールを見る

検索